【書評】たった30分で目標達成率を高めてくれる一冊、「やり抜く人の9つの習慣」

書評
目標を達成できない人
目標を達成できない人

目標を立てたはいいけど、思うように行動ができません・・・。立てた目標を達成することができず、自己嫌悪になってしまいます。

といった悩みを抱える方にぴったりの一冊「やり抜く人の9つの習慣」の紹介です。

✔︎この記事の内容

  1. 「やり抜く人の9つの習慣」から学べること
  2. 書評・感想
  3. 筆者の読後の変化

僕は、「2020年に月10万円を本業以外で稼ぐ」という目標を立てています。そのため、目標達成や計画術に関する本を数多く読んでいます。

そんな時に本書に出会いました。

目標を立てたはいいけど、なかなか達成できないので、投げ出してしまった、という経験は誰にでもあるはず。

一度挫折を経験してしまったそんなあなたにこそ、ぜひ読んでほしい一冊です。本書を手に取り、目標設定の方法について学んでいきましょう。

✔︎YouTubeにて、4分で解説しました!映像でご覧になりたい方はぜひ!

【4分で実践】やり抜く人の9つの習慣/科学的に正しい目標の立て方を30分で学べる1冊を解説!

結論:具体的な目標を立てて、一歩ずつ成長しよう

本書の主なメッセージは

「具体的な目標を立てて、一歩ずつ成長していこう!」

というものです。

目標を立てるときのポイントはどれだけ具体性を与えられるか、という点です。

なぜなら、そう言った目標は達成したのか、失敗したのかがひと目でわかるからです。

では、ダイエットを例にとってみましょう。

抽象的:今年こそはダイエットする

具体的:来月までに3キロ痩せ、ウエスト75センチのジーンズが履けるようになる

具体的な目標では3キロ痩せることができなければ、失敗した、ということがわかる一方で、抽象的な目標では、何を持って達成したと言えるのかがいまいちわかりません。

一番わかりやすいのは目標に数字を入れることでしょう。

  • 5キロ痩せる
  • 副業で月10万円稼ぐ
  • 週4回ランニングをする

といった感じであれば、達成か失敗かがひと目でわかりますよね。

具体的な目標は、達成へのみちしるべ

また、具体的に目標を設定すると、達成した時の姿や、達成までの道のりを意識しやすくなります。

3キロ痩せて、ジーンズを履くといった場合、

  • ずっと履きたかったジーンズを履いて、意気揚々と街を歩いている自分。
  • 目標体重まであと2キロ痩せる必要があるな。

というように、より具体的にイメージできるようになるんです。

逆に、ただ痩せる、といっても、

  • どれくらい痩せた姿なのか?
  • どんな格好をしているのか?
  • あと何キロ痩せたら達成といえるのか

などをイメージしにくいですよね。

具体的にイメージすることによって、今の自分に足りていないものや、達成のためにすべきことなど、自分の問題点に目がいくようになります。

そうすることで、どんどん目標達成に近づいていけるわけです。

具体的な目標を立てる際のコツ

以上見てきたように、具体的な目標を立てることが、目標達成への第一歩となります。

目標を立てる際注目すべきポイントは2つ

「いつまでに(when)、何をするのか(what)」

これは個人的な経験でも実感したことですが、when(いつまでに達成するのか、タイムリミット)を決めなければ、だらだらと先延ばしにしてしまい、いつまでたっても行動に起こせなくなってしまいますよね。

逆に、期限を明確に設定することで、行動に起こすモチベーションが生まれます。

また、what(どうなったら目標を達成したと言えるのか)も大切です。

この機会に、新年に立てた目標を見直して、より具体的変えてみてはいかがでしょうか。

本書から学べること

他にも、本書からは以下のことが学べます。

  1. 科学的に正しい目標設定方法
  2. 目標達成のために欠かせないマインド
  3. 失敗してしまう人の考え方

順に見ていきましょう。

科学的に正しい目標設定方法

まず、科学的に正しい目標設定方法を学ぶことができます。

著者のハイディ・グラント・ハルバーソンさんは、コロンビア大学の社会心理学者です。
モチベーションと目標達成についてを専門としており、目標達成におけるスペシャリストです。

そんなハルバーソンさんが、過去に行われた心理学の研究から、目標を達成する人に共通する9つの習慣をギュッとまとめてくれたのが「やり抜く人の9つの習慣」です。

そのため、本書に書かれている内容は、全て過去の研究に基づいて書かれていますので、科学的に効果のある方法と言えます。

目標達成のために欠かせないマインド

さらに、目標達成のための考え方についても学ぶことができます。

過去の研究から、目標を達成する人に共通する考え方も見つかっているそうです。

自分と比較しながら読み進めると、自分のこういう考え方は改めないとな、とか、これは正しい考え方なんだ、ということがわかって面白いです。

失敗してしまう人の考え方

そして、失敗してしまう人の考え方についても言及されています。

目標達成において正解があるということは、間違いもあるということ。

であれば、失敗をできる限り避けるようにすれば、自然と目標達成が近づいてきますよね。

本書では、目標を達成できない人はどういった考え方を持っているのかについても学ぶことができます。

書評:たった30分で目標達成率を高めてくれる良書

そんな、「科学的に正しい目標達成」についてフォーカスした一冊ですが、僕はおすすめの一冊だと思いました。
その理由について解説していきます。

100ページ程度のボリュームで読みやすい

まず、100ページちょいしかないので、他の本に比べてとても読みやすいです。

余白もかなり多いですし、文書もわかりやすいので、スラスラと読み進めることができました。

僕はあまり読むのが早くありませんが、それでも50分程度で読み終わりました。

読むのが早い方であれば、30分程度で読み切ることができるくらいのボリュームです。

徹底的にムダをカットしている

その分内容が薄いのでは?と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

むしろその逆で、徹底的にムダをカットして、ポイントだけをギュッと凝縮しているイメージです。

よく本を読む方であればわかるかと思いますが、海外の方が書かれた本はエピソードをずらりと並んでいる本が多いですよね。

僕の知り合いのキャサリンはこう言った。そしてトムは・・・みたいなエピソードばかり並べられていると、いや結局何が言いたいんだ!?と混乱してしまうこともあります。笑

ですが、本書はそのようなエピソードは全くありません。

目標の具体例や、主張を裏付けるための引用だけで構成されているため、これだけコンパクトでありながら、内容の詰まった一冊に仕上がっています。

まとめがあり、復習もしやすい

また、各章の終わりに章ごとのまとめが載せられています。

大体見開き1ページ程度にまとめられているため、復習の際とても便利です。

しっかりと内容を理解して、行動に移すには、何度も復習することが欠かせません。

その点でも、本書は文句なしです。

また、読んだ内容をできるだけ記憶に残すためにはどうすればいいの?という方向けに別の記事で記憶に残す読書法5つについて解説していますので、併せてご覧ください。
参考:【もう忘れない】記憶に残る読書法5選【アウトプットを重視しましょう】 

おわりに

以上、科学的に正しい目標の立て方を学ぶことができる一冊、「やり抜く人の9つの習慣」について解説しました。

本書についてまとめると、

  1. 本書の結論は「具体的な目標を立てることが最重要」
  2. 科学的に正しい目標との向き合い方
  3. たったの30分で目標達成率をぐん!と高めてくれる良書

という内容でした。

ゴールまでの道のりを意識するようになった

僕は本書を読み、目標についての考え方が変化しました。

というのも、例えば本ブログを例にとった場合、

  • 2020年6月の目標→合計30記事を更新すること
  • 現状→18記事更新

という状態です。

今までであれば、

ばち
ばち

「18記事も更新したんだ、偉いぞ俺!」

というように、今までやってきた努力に目を向けてモチベーションを維持していました。

ですが、本書によるとこれは間違った方法です。

いままでの努力に目を向けるのではなく、ゴールまであとどれくらいあるのか、ということに目を向けることが目標達成への正しいアプローチです。

なので、現在は

ばち
ばち

今月はあと12記事を更新しなくてはいけないな〜

と考えるように。

すると、

  • そのためにはいつ、何をしなければならないのか
  • そのために必要な時間をどう確保するのか
  • どのような方法でしていくのか

ということに意識が向くようになったんです。

目標達成に向けて大切な考え方を身につけることができました。

おすすめの人

本書は

  1. 達成したい目標がある方
  2. どうしても挫折してしまう方
  3. 活字が苦手な方

におすすめの一冊です。
一つでも当てはまった方は、ぜひ手にとってみてください。
その一歩を踏み出した時点で、目標達成に一歩近づくことは間違いありません。

本書を読み、目標達成に向けて行動を始められた方は、ずっと作業に没頭できる集中力が手に入ればな〜と思いませんか?

そんな方にぴったりの一冊、鈴木祐さんが書かれた「ヤバい集中力」についての書評記事も貼っておきますので、気になる方はぜひご覧ください。
参考:【書評】鈴木祐著、「ヤバい集中力」集中力とは何か?から具体的なテクニックを学べる良書!

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました