【書評】いきたくない飲み会を上手に断る方法も解説!「エッセンシャル思考」【感想・要約】

書評

やることがありすぎて忙しい!!!

仕事でも、プライベートでもおなじみの光景ですね。

もしかすると、この記事をご覧になっているあなたもそうかもしれません。

今回は、あれもこれもやらなきゃ!と思っている方におすすめの1冊グレッグ・マキューンさんが書かれた「エッセンシャル思考」について解説します。

✔︎動画も用意しています!4分で聞き流せるのでぜひご覧ください!

【4分で実践】エッセンシャル思考/いきたくない飲み会を断る方法も解説!
スポンサーリンク

【著者】グレッグ・マキューン氏について

本書の著者であるグレッグ・マキューンさんは

  • シリコンバレーのコンサルティング会社のCEO
  • AppleやGoogle、Facebookなど、名だたる大企業にアドバイス
  • スタンフォード大学で教鞭をとり、本書のようなベストセラー本を生み出す

など、まさにスーパーエリートという言葉がふさわしい人物です。

本書は、これほど忙しい毎日を送るマキューンさんが「少ない時間で多くの成果を手にするための考え方」についてまとめてくれた一冊です。

本書が気になっているということは、

本を読む時間なんてない・・・

という方もいらっしゃるでしょう。

なので、この記事では、そういった方へ向けて

  1. 著者のメッセージ
  2. 行きたくない飲み会の断り方
  3. 本書を実践するステップ

など、本書のエッセンスをギュッと凝縮して、わかりやすく解説します!

【結論】より少なく、しかしより良く

さっそく本書の結論ですが、

やりたいことだけに全力投球!
それ以外は全部捨てよう!

というメッセージです。

あれもこれもと悩む方にとっては突拍子もないメッセージに聞こえるかもしれませんが、大丈夫です。1つずつ解説していきます!

エッセンシャル思考とは?

大事なものを知り、不要なものを捨て、決めたことをスムーズにやりとげる。

人生のあらゆる場面で、仕事や用事を正しく「減らす」。

そのためのやり方を紹介しよう。

39ページより引用

エッセンシャル思考とは、まさに「より少なく、しかしより良く」ということばに的確に表現されています。

もう少し具体的にいうと、

  • あれもこれもやらなきゃ!と考えるのではなく
  • 絶対にやる!と決めたことにだけ全力を尽くす

という考え方です。

本書では

エッセンシャル思考になるためには、3つの思い込みを克服しなくてはならない。

「やらなくては」「どれも大事」「全部できる」

この3つのセリフが、(中略)人を非エッセンシャル思考の罠へと巧みに誘う。

14ページより引用

これらの思い込みを乗り越えるために、以下の3つのステップをあげています。

  1. 見極める
  2. 捨てる
  3. 仕組み化する

本書では、これらのステップをクローゼットの整理にたとえています。

つまり

  1. 残す服を選び(見極める)
  2. 実際に処分(捨てる)
  3. 散らからない習慣を持つ(仕組み化)

の3ステップです。とてもイメージしやすいですよね。

筆者もプライベートはエッセンシャル思考を大切に

僕も、このエッセンシャル思考を大切にしています。

というのも、僕は思いっきり人生を楽しみたいからです。

本書の中でも語られていますが、非エッセンシャル思考の生き方は、他人の言いなりの人生となってしまいます。

  • やりたくもない仕事をして
  • 行きたくもない飲み会に行き
  • 相手の顔色をうかがって愛想笑い

あるあるシーンかと思いますが、ここには自分の選択がありません。

一方、エッセンシャル思考の生き方は、自分で選択をし、その選択に全力を注ぐ生き方です。

  • 幸せになりたい
  • 自由になりたい
  • お金持ちになりたい

など、どんな人生にしたいかは人それぞれですが、どんな人生にもエッセンシャル思考は必要だと僕は思います。

【疑問】飲み会断るのって難しくない?

とはいえですね、僕が初めて本書を読んだとき

断るってむずくね?

と思いました。

  • 行きたくない飲み会に誘われたり
  • ちょっとめんどいなと感じる友人との予定

だったり、できれば行きたくないけど、相手にどう思われるかが気になって承諾、という経験もありました。

それもそのはずで、人間には承認欲求という強すぎる欲求があります。

他人に認められたいと思うのは当然のことです。

なので、個人的に「断る」がエッセンシャル思考最大の壁だと感じました。

本書でも

他人からのプレッシャーに負けず、きっぱりと上手に断ることは、エッセンシャル思考の必須スキルである。

同時に、最も難しいスキルでもある。

164ページより引用

と語られています。

ですが、本書を参考に試行錯誤していくと、解決の糸口が見えてきたので、その方法をお伝えします!

相手の印象を損ねずに断る方法【本書を参考に】

さっそく結論ですが、

相手への敬意を払ってはっきりと断る

というやり方です。

実際に例を見てみましょう。

友達
友達

今日時間ある?

(飲みに行こうよ!じゃなくて曖昧に聞いてくる人っていません?笑)

ここで

あなた
あなた

空いてるよ!

と答えてしまうと、その後断りづらくなります。

でも、話を聞きもせず

あなた
あなた

ごめん今日無理だわ

と伝えるのも、印象が悪くなってしまいますよね。

なので、まずは

あなた
あなた

どうしたの?

と相手の要件を聞き出しましょう。

相手の話を聞くことで、相手にも敬意を払うんです。

行けたら行く!はNG

友達
友達

飲みにいかない?

さぁ、飲みに誘われてしまいました。あなたならどうしますか?

あなた
あなた

行けたらいく!

よく使い、よく使われると思いますが、このような「曖昧なイエス」は避けるべきです。

理由は、誘う側の立場になるとすぐにわかります。

キッパリと断ってくれたほうが

  • 人数調整
  • 場所の確保
  • 料金の計算

などの調整がしやすいです。

来ると思って期待していた分、来なかった時の失望も大きいですよね。

では、どうすればいいのか?

僕が実際に使っているのは2つ。

  • キッパリ断る
  • 間接的に断る

キッパリ断る

先ほどお伝えした通り、曖昧に断るのは相手にとって逆に迷惑です。

なので、しっかりと断ります。

ただ、相手の提案を断っているので、相手に与える印象は少なからず悪いでしょう。

相手に与える印象を少しでも良くするために、しっかりと理由を伝えてください。

ある心理学者が行った研究によると、理由を添えると頼みごとが成功しやすくなるそうです。

たとえば、

あなた
あなた

今日は(趣味)の予定があるから、行けないわ。

別の人との約束があるのであれば、

あなた
あなた

○○とあうから、今日は空いてないわ。

というように、理由+「行けない」という構造で、しっかりと断りましょう。

間接的に断る

続いては、無理!と拒否をするのではなく、やんわりと断る方法です。

例えば

あなた
あなた

行きたいんだけど、お金がなくて・・・

とか

あなた
あなた

残業が続いてて・・・

仕事落ち着いたら飲みに行こう!

というように代わりの案を提示するのもいいですね。

ちなみに、「時間がない」や「忙しい」という理由より「お金がない」という理由の方が相手に与える印象がいいというデータもあります。

個人差はあると思いますので、全員に当てはまるわけではありませんが、試してみてください!

それでも断ることが怖いあなたへ

むしろ、断ることでより良好な人間関係を築くことが可能になる。

エッセンシャル思考になってからつくづく実感するが、人はノーと言う勇気のある人を高く評価し、尊敬するのだ。

168ページより引用

僕も始めは

嘘やん。

と思いました。

でも、上手な断り方を身につければ、

  • 自分の時間もふえ
  • 相手との人間関係も良くなる

と、いいことづくしなので、がんばって身に付けていきましょう!

【考察】本書を実践する3つのステップ

以上、グレッグ・マキューンさんが書かれた「エッセンシャル思考」について解説しました。

これでの内容を簡単にまとめると、

  1. エッセンシャル思考とは、「より少なく、しかしより良く」という生き方
  2. そのためには、見極める・捨てる・仕組み化する技術が必要
  3. 相手に敬意を払った断り方を身につけよう

という内容でした。

ここからはさらに深掘りをして、著者のメッセージを実践するにはどうすればいいかについて考察していきます。

✔︎3つのステップ

  1. 価値観を掘り下げる
  2. 目標を具体的に
  3. 習慣をひとつずつ身につける

順に見ていきましょう!

ステップ1:価値観を掘り下げる

【書評】継続力は身につく!「GRIT やり抜く力」の感想と要約という記事でも解説していますが、まずは価値観を掘り下げましょう!

見極める技術にアプローチするためです。

自分にとって何が必要で、何が不要かを判断するには、軸となる基準が必要です。

  • 自分は何がしたいのか
  • どんな人生にしたいのか
  • 自分は何をやりたくないのか

など、人生の羅針盤を持つことはとても重要です。

ちなみに、僕は鈴木祐さんが書かれた「最高の体調」という本を参考にして価値観を深掘りしました。
気になる方は、ぜひ参考にしてみてください!

ステップ2:具体的な目標を立てる

価値観が明確になったら、次は具体的な目標をたてましょう。

捨てる力にアプローチするためです。

具体的な目標が定まれば、自然と

  • やるべきこと
  • やらなくてもいいこと

がわかります。

そのためのポイントは、完全に明確にすることです。

例えば、「5キロ痩せよう」という目標はまだ曖昧です。

これだけでは

  • どういう方法で
  • いつまでに
  • どんな姿になりたいのか

がわかりません。

なので、

半年後までに5キロ落としてウエストをしぼり、ウエスト76センチのジーンズを履く

というところまで深掘りするんです。こうすると

  • 腕立てやダンベルなどの筋トレは不要
  • ランニングやスクワットなど、脂肪を燃やすトレーニングが必要
  • ひと月に1キロ程度落とす必要がある
  • お腹が引き締まり、ジーンズをスタイリッシュに履いている自分

というところまでわかります。

さらに知りたい方は、科学的に正しい目標の立て方について学べる「やり抜く人の9つの習慣」という本もおすすめです。

ステップ3:習慣をひとつずつ身につける

毎回何が重要かを見極めて、不要なものは捨てて・・・と繰り返していたら疲れてしまいますよね。

なので最後は、、エッセンシャルに生きるための習慣を身につけましょう。

本書でいう仕組み化するためです。

でも習慣ってなかなか続かないんだよな〜

と思った方もいらっしゃるかもしれません。

実は、習慣化にも正しい方法があるんです。

イフゼンプランニング20秒ルールといった、科学的に効果が確かめられた方法を学んでいきましょう!

まとめ

  • エッセンシャル思考とは何か
  • エッセンシャル思考を取り入れる重要性

についてはおわかりいただけたかと思います。

僕も、生活の一部にエッセンシャル思考と取り入れてからは、

  • 自分の時間も増えたし
  • 好きな人と
  • 好きな時に会えるようになった

ので、生活の質がグッと上がりました。

本書には、より詳しく、より具体的に

  • エッセンシャル思考とはなんなのか
  • エッセンシャル思考を実践するにはどうすればいいのか

が書かれています。

忙しくて本を読む時間がない!!という方の役に立つ内容となっていますので、どうにか時間をとって、読んでいただきたいと思います。

今回は以上です。それではまた別の記事でお会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました