最強の積読対策はスキマ読書です!【読書に対する考え方を変えましょう】

読書法
毎日忙しいビジネスマン
毎日忙しいビジネスマン

仕事が忙しく、まとまった時間が取れないので、読書をする暇がありません。なので、読みたい本が溜まっていく一方で、積読がひどいです。忙しい中でも本が読める方法はありませんか?

今回はそんな悩みを解決します。

ずばりその解決法は、スキマ読書です。

✔︎この記事の内容

  • スキマ読書が積読対策になる理由
  • 筆者が実際に行っているスキマ読書
  • おすすめできないスキマ読書

僕は読書にはまとまった時間が必要だと思っていたため、なかなか読書をすることができず、年間15冊読むのが限界でした。

ですが、ちょっと空いた時間に本を読む習慣を身につけたところ、2019年は50冊ほど読むことができました。

今回は、スキマ読書がどうして積読に効果的なのかを解説します。スキマ読書の習慣を身につけて、読みたい本をどんどん読んでいきましょう!

積読の原因:読書にはまとまった時間が必要

まず、積読が進んでしまう原因について考えてみましょう。

考えられるものとしては、

  1. 時間が足りない
  2. 読書スピードが遅い
  3. 読書の習慣がない

など色々考えられますよね。

でも、僕は積読の1番の原因は「読書にはまとまった時間が必要」という固定観念だと思っています。

現代のように多忙な毎日の中で、まとまった時間を作ることはなかなか難しいと思います。そのため、その考え方を持っていると、そもそも本を触れる回数が少なくなります。

それでは本を読み進めることができるはずもありません。

なので、読書は手軽にできるもの、という考え方にかえ、なるべく本と触れ合う回数を増やそう、というのが僕が提案するスキマ読書です。

スキマ読書とは

スキマ読書とは、その名の通りスキマ時間に本を読もう、というものです。

もちろん短い時間本を読んだところで、一度に読み進める量は少ないです。数ページしか読めないでしょう。

ですが、まさに塵も積もれば山となる、でして、その積み重ねが大きな差を生みます。

それでは、スキマ読書のメリットについてみていきましょう。

スキマ読書が最強な理由

スキマ読書が素晴らしいと思う理由は以下のとおりです。

  1. 暇な時間を有意義に過ごすことができる
  2. 読書の習慣が身に付く
  3. 集中力が鍛えられる
  4. ストレス解消できる

順に解説していきます。

暇な時間を有意義に過ごすことができる

スキマ読書を習慣にすることで、時間を有効活用することができます。

やっぱり空いた時間ができれば、スマホに手が伸びてしまいますよね。

特に理由もなく、なんとなくSNSを開き、10分以上経過していた・・・なんて経験は誰しもあるのではないでしょうか。

その時間を本を読むことに充てることができれば、積読解消にもつながりますし、本から知識を得ることもできます。

時間を有意義に使うためにも、スマホの代わりに本を読みましょう!

読書の習慣が身に付く

スキマ読書をすることで読書の習慣が身につきます。

読書は手軽にできるものと捉えると、読書に対するハードルが下がっていくからです。

逆に、まとまった時間を用意しないと本を読めないと考えると、読書へのハードルが上がり、読書の習慣は身につきづらいです。

本を開くための心理的なハードルを減らし、本を開く回数を増やすことで読書の習慣が身についていきます。

集中力が鍛えられる

また、集中力も鍛えられます。

なぜなら、短い時間にたくさん読む必要があるからです。

スキマ読書では、長い時間を確保できないので、短い時間にいかに集中していかに多く読み進めるかがポイントになります。

そのように短い集中を何度も繰り返すことによって、集中力が鍛えられていきます。

ちなみに僕は、15分の間に読めたページ数をメモして、次読むときはそれを超えることを目標にしています。

ゲーム感覚で楽しめるので、おすすめです!

ストレス解消できる

また、読書の習慣を身に付けることができれば、ストレス解消できます。

なぜなら、読書という行為にはストレスを解消する効果があるからです。

ミネソタ大学の研究によると、

読書習慣がある人は、読書習慣がない人に比べて、68%もストレスが解消できる

とのこと。

また、アメリカ心理学会がストレス解消法の中として、読書を推奨しており、読書のストレス解消効果がわかります。

一日30分程度の読書を推奨されておりますので、最終的にはそこを目指したいところですね。

読書のストレス解消効果については、読書のメリット4選という記事でも解説しています。読書って他にどんなメリットがあるんだろう?という方は併せてご覧ください。

関連記事
【素晴らしい自己投資】読書の効果やメリットについて解説します!

筆者が行なっているスキマ読書3選

スキマ読書のメリットについてお話ししたところで、僕が実際に行なっているスキマ読書について紹介します。

スキマ読書が良いよ!と言われてもいつ本を読めばいいのかわからない、という方の参考になれば嬉しいです。

待ち時間

病院や役所、レストランなどの待ち時間や、友人との待ち合わせの時間で本を読んでいます。

そのために、外で読む用の本を一冊ポケットに忍ばせ、すぐに読み始められるようにしています。

特に退屈になりがちな病院や役所での待ち時間を楽しく過ごせるので、とてもおすすめです。

暇になった時

僕はやることがないなーと思ったら、本を読んでいます。

暇な時間は時間を無駄にしてしまう可能性が高いからです。

具体的には

  • 1日でやるべきタスクが終わった後
  • ご飯まで少し空き時間ができた時

など、だらけてしまいそうなときには、本に手を伸ばします。

時間を無駄にした罪悪感を全く感じなくなり、ネガティブ思考に悩むことが減ったのが最大のメリットかと思います。

寝る前

また、寝る前の時間を読書に当てることを習慣にしています。

理由は、眠りの質を高めるためです。

寝る直前までスマホを見ると、ブルーライトに当たってしまい、眠りの質が落ちてしまいます。

また、たくさん情報を入れすぎることで脳の興奮が収まらず、なかなか寝付けない、といった問題が起きてしまいます。

この両方を解決するため、寝る直前はゆっくりと本を読む時間にしています。

本のジャンルは、よりリラックスするために小説を選んでいます。

スマホをできるだけ遠ざけ、本に集中してリラックス、そうすると、眠りに着く時間が短くなりました。

なかなか寝付けないとお悩みの方は、試してみてください。

こんなスキマ読書はおすすめしません!!!

以上、僕がやっているおすすめの好きな読書について解説しましたが、続いてはおすすめできないスキマ読書を紹介します。

歯磨き読書

歯磨きしながらの読書は絶対にしないほうがいいです。

なぜなら、読書に集中してしまうと、歯磨きがおろそかになってしまうからです。

僕は実際に1年ほど歯磨きをしながら本を読んでいました。

あるとき歯医者へ行くと、大量の虫歯があることがわかりました。

今思えば、本を読んでいたせいでしっかりと歯を磨けていなかったのではないかと思います。

そもそもこれはながら読書ですし、スキマ読書ではありません。

読書中は本だけに集中することが大切です。

読書スピードをさらに上げる方法

以上、スキマ読書について解説しました。

スキマ読書は分かったけど、そもそも本を読むスピードを上げたい、という方向けに読書スピードを上げる方法について解説していますので併せてご覧ください。

関連記事
【読書スピード3倍増!?】積読解消のための読書のコツ6選【全部読まないのが最重要です】

おわりに

今回は、積読を解消するための最強の方法としてスキマ読書を解説しました。

まとめると、

  1. スキマ読書は読書へのハードルを下げ、読書の習慣を作ってくれる
  2. 退屈な待ち時間に本を読むことから始めよう
  3. 歯磨き読書は歯がボロボロになる

といった内容でした。

スキマ読書で読書ライフがかなり充実したので、是非試してみてください。皆様が一冊でも多く本が読めるようになれば幸いです。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました