積読を減らす最強の方法!【結論:スキマ読書は積ん読を解消】

読書
毎日忙しいビジネスマン
毎日忙しいビジネスマン

仕事が忙しく、本を読む暇がありません。なので、積読がひどいです。
忙しくても本を読める方法はありませんか?

今回はそんな悩みを解決します。

ずばりその解決法は、スキマ読書です。

✔︎本記事の内容

  • スキマ読書が、積読をへらす理由
  • 筆者が行っているスキマ読書
  • おすすめできないスキマ読書

僕は読書にはまとまった時間が必要だと思っていたため、なかなか本を読めず、年間15冊が限界でした。

ですが、ちょっとしたスキマ時間に、本を読む習慣をつけたところ、2019年は50冊ほど読むことができました。

今回は、なぜ、スキマ読書が積読解消に効果的なのかを解説します。
スキマ読書で、読みたい本をガシガシ読んでいきましょう!

スポンサーリンク

【積読の心理】読書=まとまった時間

まず、積読がたまる原因について考えてみましょう。

考えられる原因は、

  1. 時間が足りない
  2. 読書スピードが遅い
  3. 読書の習慣がない

など、色々ありますよね。

でも、1番の原因は「読書には、まとまった時間が必要」という固定観念だと思います。

ただでさえやることが多いのに、そのような考え方を持っていると、そもそも本を触れる回数が少なくなります。

それでは積読が増える一方です。

なので、

読書は手軽にできるもの」という考え方にかえ、なるべく本を触る回数を増やそう

というのが僕が提案するスキマ読書です。

スキマ読書とは

スキマ読書とは、その名の通り「スキマ時間に本を読もう」という読書法。

もちろん少し本を読んだところで、一度に読み進められるのはほんの数ページでしょう。

ですが、まさに塵も積もれば山となる、でして、その積み重ねが大きな差になります。

スキマ読書が積読を減らす理由

それでは、スキマ読書のメリットについてみていきましょう。

スキマ読書が積読を減らす理由は、以下のとおりです。

  1. 時間の有効活用
  2. 読書の習慣
  3. 集中力アップ
  4. ストレス解消

順に解説していきます。

理由その①:時間の有効活用

スキマ読書で、時間を有効活用できます。

やっぱり空いた時間ができれば、スマホに手が伸びてしまいますよね。

なんとなくSNSを開き、10分以上経過していた…なんて経験もあるでしょう。

その時間、読書ができれば、積読解消にもつながります。
本を読めば、知識を増やすこともできます。

理由その②:読書習慣

スキマ読書をすることで、読書の習慣が身につきます。

読書へのハードルが下がっていくからです。

逆に、「まとまった時間がないと、本が読めない」と考えると、読書の習慣は身にません。

読書へのハードルが上がるからです。

読書の意識を変え、本を開く回数を増やすことで、読書の習慣が身につきます。

理由その③:集中力アップ

また、集中力も鍛えられます。

なぜなら、短い時間にたくさん読もうとするからです。

スキマ読書では、短い時間にいかに集中して多く読むかがポイントになります。

そのように短い集中をくり返すことで、集中力が鍛えられます。

スキマ読書で集中力アップ、こんな一石二鳥はありません。

理由その④:ストレス解消

また、読書はストレスを減らします。

ミネソタ大学の研究によると、

読書習慣がある人は、ない人にくらべて、68%もストレスが解消できる

とのこと。

また、アメリカ心理学会がストレス解消法として、読書を推奨していることからも、読書はストレスをへらすことがわかります。

他にも、読書メリットが気になる方は下記の記事もあわせてご覧ください。

筆者が行なっているスキマ読書3選

参考までに、僕が行なっているスキマ読書を紹介します。

「スキマ読書が良いよ!」といわれても「具体的にいつ本を読めばいいの?」という方の参考になればうれしいです。

その①:待ち時間

病院や役所、レストランなどの待ち時間や、友人との待ち合わせの時間で本を読んでいます。

そのために、外出時に本をもち歩き、すぐに読めるようにしています。

特に、病院や役所での待ち時間を楽しく過ごせるので、とてもオススメです。

その②:暇な時間

僕は「やることがないなー」と思ったら、本を開きます。

時間を無駄にしたくないからです。

具体的には

  1. やるべきタスクが終わった後
  2. ご飯までの時間
  3. お風呂をくんでいる時間

など、だらけてしまいそうなときが多いです。

時間を有効に使えた感があり、ネガティブ思考が減ったのが最大のメリットかと思います。

その③:寝る前

また、寝る前の時間に本を読んでいます。

理由は、眠りの質を高めるためです。

寝る直前までスマホを見ると、ブルーライトが原因で、眠りの質が落ちます。

よりリラックスするために、小説を読むことが多いです。

スマホを遠ざけ、本に集中してリラックス。すると、眠りに落ちるまでの時間が短くなりました。

「なかなか寝付けないという方は、試してみてください。

【注意‼】こんなスキマ読書はオススメしません!!!

以上、おすすめのスキマ読書を紹介しましたが、最後に、個人的な経験から注意が必要だと感じたスキマ読書も紹介します。

歯磨き読書

歯磨きしながらの読書は絶対にしないほうがいいです。

なぜなら、歯磨きがおろそかになるからです。

僕は、実際に1年ほど歯磨きをしながら本を読んでいました。

あるとき歯医者へ行くと、大量の虫歯があることがわかりました。

今思えば、本に集中していたせいで、しっかりと歯を磨けていなかったことが原因かと思います。

そもそも、これはスキマ読書ではなく、ながら読書ですよね。

歯を守るためにも、歯磨き中は本を読まないようにしましょう。

おわりに

今回は、積読を解消する方法として、スキマ読書を解説しました。

まとめると、

  1. スキマ読書は「本を開くこと」のハードルを下げ、読書の習慣を作る
  2. 退屈な待ち時間に、本を読むことから!
  3. 歯は大切に!笑

という内容でした。

スキマ読書で読書ライフが充実したので、ぜひ試してみてください。
みなさまが、1冊でも多く本が読めるようになれば幸いです。

スキマ読書は分かったけど、そもそも本を読むスピードを上げたい、という方は下記の記事をあわせてご覧ください。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました