年収と幸せは比例する?幸福度を高めるお金の使い方のコツ3選

どうせ働くなら、年収は高いほうが良い
年収が上がれば、幸せになれるかな?
幸せになれるお金の使い方が知りたい!

この記事は、こういった方へ向け

  • 年収と幸福度は比例する
  • 幸せな人生とは?
  • 幸福度を高めるお金の使い方

について解説します。

今回のテーマは、「年収と幸せ」。
ノーベル賞を受賞したダニエル・カーネマン氏の研究をもとに、解説します。

✔要約:お金より時間が大切

年収800万を全力で目指す
プリンストン大学ダニエル・カーネマン名誉教授によると、年収800万までは給料に比例して幸せになる一方、それ以降は、年収が上がっても幸福度は変わらないそう。つまり、年収800万も1000万もさほど変わらない。それなら時間を犠牲にして稼ぐより、大切な人と過ごしたい

目次

年収と幸福度は比例する

年収と幸福度は比例する

「年収は多ければ多いほうが良いに決まってる!」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

お金を稼げば、

  • 美味しいものをたくさん食べられたり
  • ぜいたくな旅行に行けたり
  • ネットフリックスなどのサブスクも楽しめたり

生活を豊かにできそうですよね。

ですが、ノーベル賞を受賞した、プリンストン大学のダニエル・カーネマン氏の研究で、年収と幸福度の意外な事実が分かりました。

この研究は、アメリカ人を対象にした調査。
この研究によると、年収が上がれば上がるほど、幸せになるという傾向が確認されました。

ただし、年収と幸福度が比例するのは、7万5,000ドル(800万〜900万円)まで。
それ以上は、年収が上がっても、幸福度に変化はなかったんだとか。

つまり

  • 年収800万円のサラリーマン
  • 年収2億円の起業家

両者は同じくらい幸せを感じているということ。

もちろん、アメリカ人を対象にしたものなので、日本人も800万が基準になるかどうかは、この実験からはわかりません。

しかし、人は慣れる生き物。
年収が上がるにつれ、幸福度の伸びが鈍る傾向はあるのでしょう。

日本でも結果は変わらない

2019年、内閣府が発表したデータを見てみると、分かります。

1万人を対象にした調査で、世帯年収と主体的な満足度の変化を調べました。
つまり、「世帯年収が上がるにつれて、満足感は上がるのか?」という点を調べたんですね。

結果は以下のとおり。

1100万円未満5.01点
2100万円〜300万円未満5.20点
3300万円〜500万円未満5.68点
4500万円〜700万円未満5.91点
5700万円〜1,000万円未満6.24点
61,000万円〜2,000万円未満6.52点
72,000万円〜3,000万円未満6.84点
83,000万円〜5,000万円未満6.60点
95,000万円〜1億円未満6.50点
101億万円以上6.03点
「満足度・生活の質に関する調査」に関する第1次報告書

2→3へ年収が上がった場合、満足感は0.48ポイント上がっています。
対して、3→4の場合は0.23ポイントの上昇にとどまっています。

日本の場合、500万円を超えたあたりから、幸福度の伸びが鈍化していく傾向があるようです。

この結果を見ても、年収が上がれば、幸せになり続けるわけではない事がわかりますね。

幸せな人生とは?

この結果を聞いて「お金なんてあればあるほど幸せを感じそうだけど、そうじゃないなんて不思議だ」
と思った方もいるかも知れません。
ではなぜ、年収が上がっても、幸福度は上昇し続けないのでしょうか?

それは、幸せの基準は複雑だから。

お金の他にも

  • 家族や恋人との良好な関係
  • 仕事へのモチベーション
  • 趣味

など、幸せを感じる要素は多岐にわたります。

そのため、たとえ年収1000万円稼いだとしても、プライベートの時間をがなければ、それは幸せとは言えないでしょう。

もちろん、仕事一筋の方は、年収に比例して幸せになるかもしれません。

しかし、「幸せに最も重要なのは、良好な人間関係」という研究結果があるように、お金以外に大切なことはたくさんあります。
時間を犠牲にして必死にお金を稼ぐより、大切な人と時間を過ごすほうが、幸せを感じるでしょう。

ちなみに、下記の記事では幸せとは何かについてより詳しく解説しています。幸せな人生のための5つのステップについてもかいせつしているのであわせてどうぞ。

幸福度を高めるお金の使い方

この記事では「年収800万を超えると幸福度は変わらない」というちょっと意外な研究を紹介しました。

「じゃあどういうお金の使い方をすればより幸せになれるんだろう」と気になりませんか?
なので最後に、「幸せになれるお金の使い方」を3つ紹介します。

その①:時間を買う

「時間がない。毎日忙しくて趣味の時間がない」という方は、時間を生み出すモノやサービスにお金を使うのがおすすめ。

たとえば、乾燥機付き洗濯機、ルンバなどの時短家電や、家事代行、料理の宅配サービスなど、家事を外注するのもいいでしょう。
そして、増えた時間を、自分のために使えば幸福度は高まります。

時間は有限。1日24時間という事実は変わりません。

その②:経験を買う

「ものを買ってもすぐ飽きてしまう」という方は、体験や経験にお金を使いましょう。
なぜなら、経験による満足度は日に日に増していくからです。

旅行の思い出は、いつまでも色あせませんよね。
思い出すたびに幸せな気分になり、幸福度はいつまでも残ります。

ものを買うとそうはいきません。
傷がついたり、管理が手間だったり、ストレスの感じるイベントばかり。
購入時をピークに、幸福度は減少していきます。

同じ額を使うなら、経験に使うほうがコスパが良いです。

その③:他人のために使う

自分以外にお金を使うのも、良い戦略です。
なぜなら人間は、人とのつながりの中に幸せを感じるから。

人類は狩りをしていた大昔から、集団の中で進化してきました。
なので、人は、他人とのつながりを大切にするようにできています。

なので、

  • 大切な人にプレゼントを買う
  • 寄付をする
  • 応援したい企業に投資する

など、誰かのためにお金を使う。
こうすると、「自分は他人のためにお金を使う心の余裕があるんだ。」と感じ、自己肯定感が高まります。

幸せな人生を送るために

今回紹介したのは、科学的な根拠をベースにしたもの。
しかし、科学が当てはまらない方がいるのも事実。

なにが幸せかは、人によって変わります。

ですが、まずは実際に行動しないことには始まりません。
やってみて、幸せを感じるか感じないか確かめてみる。
感じるなら続ければいいし、感じないなら別の方法を探せばいい。

はじめのきっかけとして、今回のお話を参考にしていただければ幸いです。

下記の記事では、両学長が書かれた、「お金の大学」を実践し、年間70万円節約した方法について解説しています。

よかったらシェアしてね!

幸せの心理学チャンネル、はじめました!

幸福度を高める科学的な方法を発信するYouTubeチャンネルをはじめました!

週1回、ポジティブ心理学の研究や本で学んだ知識、心理学者の考えなどについてお話します。
ラジオ配信スタイルの動画となっていますので、家事や筋トレをしながらや夜眠る前などに聞きながし学習に最適です!

▽下記は「幸せとはなにか?」についてお話した、全ての方に観てほしい動画です

こちらの動画をご覧いただき、勉強になったな〜と思った方は、ぜひ下記ボタンからチャンネル登録をお願いします。
一緒にハッピーライフを目指していきましょう!

目次
閉じる