【家計管理にアイデアを】便利なアプリとその活用法を紹介します!

お金

こんにちは、ばちと申します。

突然ですが家計管理って大変ですよね。

レシートの束とにらめっこして毎月の支出を家計簿に記入する・・・。この作業が面倒で、なかなか家計管理ができていないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、

  • もっと楽な家計管理はないだろうか?
  • そもそもどうやって家計管理すればいいかわからない

という方向けに、僕が行っている家計管理方法を紹介します。

今回の記事の結論は、

「自分流財務諸表を作る」

です。

✔︎この記事の内容

・自分流財務諸表とは?

・自分流財務諸表の作り方

・おすすめの家計管理アプリ

を解説します。

実際に作成した表も載せていますので、家計管理をする際の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

自分流財務諸表とは?

まず、財務諸表とは、企業がその活動を通して、ある期間の財政状態と経営成績を把握するためのものです。

これだけではわかりづらいと思うので、簡単に言い換えると、

企業が今どれくらいお金を持っていて、どれだけ儲けたかを数字で一覧化した表

のことです。

  • 貸借対照表
  • 損益計算書
  • B/S、P/L

なんて言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それらを総称したものが財務諸表です。

僕は、この財務諸表を家計管理に活用しています。

これをしっかり理解しようとすると簿記の知識が必要になりますが、今回の内容は知識がなくても活用できますのでご安心ください。

自分流財務諸表の作り方

作り方は以下のステップです

  1. 家計簿アプリで収支を管理
  2. エクセルやGoogleスプレッドシートへ記入

ステップ1:家計簿アプリで収支を管理

まず、家計管理をする上で、どうしてもしなくてはいけないことが収支を把握することです。

自分は今いったいどれくらいのお金を持っているのか、いくら借金があるのかや収入がいくらで、何にお金を使っているのかがわからなければ家計の管理ができません。

これが面倒だという方も多いと思いますが、「マネーフォワード」というアプリならほぼ自動で管理することができます。

マネーフォワードのメリット

1.レシートの写真を撮影するだけで自動で記録できる

2.クレジットカードと連携すればカード払いの支出は自動で管理できる

3.銀行口座と連携すれば、残高を簡単に確認できる

このアプリでクレジットカードと銀行口座を連携しておけば、ほとんど自動で家計管理ができてしまうんです。

現金で支払ったものでもレシートの写真を撮ればアプリが自動で仕分けしてくれるのでとても便利です。

アプリにカードや口座を連携するのも不安という方も多いかもしれませんが、入力される情報は暗号化されており、セキュリティ面を第一に考えているためセキュリティ対策はバッチリです。

マネーフォワードのデメリット

マネーフォワードは無料で利用できますが、資産の内訳、推移など、一部の機能が無料版では利用できません。

そのため、今自分がどれくらいお金を持っているのか、現状を把握するには物足りないと感じました。

そこで、自分流に表にしてみようと思いました。

ステップ2:エクセルやGoogleスプレッドシートにまとめる

まず、僕が実際に作成したものがこちらになります。

作り方はとても簡単です。

1.アプリの金額を貸借対照表、損益計算書の該当箇所へ記入する

2.左右の差額を合計が少ない側に記入する

3.合計を出す

の3ステップです。

アプリの金額を書き写すだけなので、10分もかからずに完成すると思います。

1.アプリの金額を貸借対照表、損益計算書の該当箇所へ記入する

少しだけ専門的な話です。興味がない方は読み飛ばしてください。

貸借対照表(B/S)とは、ある時点(たとえば2020年5月1日)において、お金や不動産、株式など(資産)や借金(負債)がどれくらいあるのか、そして資産と負債の差(純資産)がいくらなのかなど、現状を把握するためのものです。

損益計算書(P/L)とは、ある一定期間(たとえば2020年4月1日から2020年4月30日)の間で収入がいくら入り(収益)、支出はいくらで(費用)、収益と費用の差(当期純利益または当期純損失)がいくらか、などお金の動きを把握するためのものです。

また、簿記では資産、負債をそれぞれ貸借対照表の左側、右側へ、収益、費用をそれぞれ損益計算書の右側、左側へ記入する、というルールがあります。表にしてみましょう。

 左側右側
貸借対照表資産負債
損益計算書費用収益

せっかくなので、そのルールにしたがって、該当する箇所に記入してみましょう。

2.左右の差額を計算し、合計が少ない側に記入する

また、左右の合計が一致するというのも簿記の大原則です。

全ての項目の記入が終わったら、SUM関数を使用し、左右の合計をそれぞれ出して、小計欄に記入しましょう。

そして、左右の差額を合計がたりない方に記入しましょう。

こうすることで左右の合計を一致させます。

画像では、その差額を合わせるために「当期純利益」「繰越利益剰余金」という科目を使用していますが、ご自身がわかりやすい形で大丈夫です。

これを出すことで、黒字か赤字かが一目でわかります。

3.合計を出す

そして最後に合計を出し、それぞれの合計欄に記入したら完成です。

とても簡単に作成できますので、ぜひ参考にしてみてください。

おわりに

今回は家計管理に財務諸表をいかす方法を解説しました。

僕がこの方法を始めたきっかけは、簿記3級の学習でした。

簿記の勉強が面白く、何かにいかせないかと考えたところ、この方法を思いつきました。

この記事を読んで、簿記に興味がわいた方はぜひ一度勉強してみてほしいです。

以上、家計管理のお役に立てれば幸いです。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました