【売上も公開】メルカリで不用品を売ってみて感じたメリットやデメリット

ライフスタイル

こんにちは、ばちと申します。

ここ数ヶ月、フリマアプリ「メルカリ」を使って不用品の断捨離をしていました。

家で過ごす時間が増えて、この機会に片付けでもしようかな、なんて方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、

  • メルカリを始めようと思っているんだけど、詳しく知りたい!
  • どれくらいで売れるんだろう?

といった疑問を解消します。

2ヶ月ほど利用した僕の売上も公開するので、ぜひ最後までご覧ください。

✔︎この記事の内容

  • メルカリの始め方
  • メルカリのメリット・デメリット
  • 筆者の売上公開

メルカリの始め方

メルカリはとても簡単に始められます。

具体的には下記のステップです。

  1. アプリをインストール
  2. アカウントを登録
  3. 出品

ステップ1:無料アプリをインストール

スマホを使っている方であれば説明不要かと思いますが、念のため。

iPhoneの方はApp Store、Androidの方はGoogle Storeからアプリを取得しましょう。

アプリは無料で利用可能です。月額料金が発生しないので、安心して始められますね。

ステップ2:アカウントを作成

アプリを起動するとアカウントの登録画面が表示されます。

アカウントは

  • Facebookアカウント
  • Googleアカウント
  • メールアドレス

のいずれかから登録ができます。特に違いはありませんので、ご自身に合ったものを選んでください。

次にあなたの情報を登録します。

  • メールアドレス
  • ニックネーム
  • パスワード
  • 性別(任意)
  • 招待コード(お持ちの方のみ

入力が終わったら、電話番号を登録する画面に切り替わります。

するとSMSが届きますので、届いた4桁の認証番号を入力すれば会員登録が完了です。

また、招待コードをお持ちの方はメルカリ内で使える500ポイントがつきますので、積極的に使ってください。

ステップ3:出品する

では、実際に売りたいものを出品していきましょう。

出品方法もとても簡単です。

写真を撮影し、紹介文を書いて値段をつけるだけで出品ができます。

アプリが順序を指示してくれるので、その通りに入力すればOKです。

以上、ざっくりではありますが、メルカリの始め方を解説しました。

続いてメルカリのメリットデメリットについて解説します。

メルカリのメリット・デメリット

僕が実際にメルカリを使って感じたメリットとデメリットについて解説します。まとめると下記の通りです。

✔︎メリット

  • 売れやすい
  • 匿名で利用できる
  • 手続きが簡単

✔︎デメリット

  • 手数料が高い
  • ハマり過ぎ注意

3つのメリットについて解説

メリット1:利用者が多く、売れやすい

メルカリは他のフリマアプリに比べて圧倒的に利用者が多いです。

メルカリは、1ヶ月に1300万人以上の方が利用し、これまでの総出品数は11億品に及びます。

現在の正確なダウンロード数は確認できませんでしたが、2018年7月時点で7500万ダウンロードを突破したそうです。

楽天が運営するフリマアプリの「ラクマ」の総ダウンロード数は2000万

数字で見ると、よりメルカリ利用者が多いことがわかります。

たくさん使われているということは、その分売れやすくなります。

メリット2:匿名で利用できる

自分の住所を知られてしまうことに抵抗を覚える方も多いと思います。

「ゆうゆうメルカリ便」「らくらくメルカリ便」というサービスを使えば、お互いの名前や住所を明かさないままやりとりすることができるんです。

自分の住所が知られてしまって悪用される心配はありません。

また、小さいもの(A4以下厚さ3cm未満)であれば発送費も安く、「ゆうゆうメルカリ便」では175円で利用可能です。

追跡サービスもついているので、何かあったときも安心ですね。

メリット3:手続きが簡単

購入者とのメッセージ、お金のやり取りとか発送方法が面倒くさそう、と思う方もいるかもしれませんが、全てアプリ内で完結するので安心です。

「ゆうゆうメルカリ便」を利用すると、宛名を書く必要がないので、梱包するだけでOKです。

発送についても郵便局やコンビニへ持っていき、アプリ内に表示されるバーコードをかざし、出てきた紙と品物を窓口に提出するだけ。

また、発送費は売り上げから差し引かれるので、窓口で支払う必要はありません。

このように、スマホさえあれば誰でも簡単に取引ができる点がメルカリの最大の魅力です。

2つのデメリットについて解説

デメリット1:手数料が高い

メルカリで商品を売ると、その売上の10%が販売手数料として差し引かれます。

先ほど紹介したラクマの手数料はたったの3.5%です。

例として3000円の商品を売った場合のメルカリとラクマの手数料のちがいを表にまとめました。

 
売上手数料純利益
メルカリ¥3000¥300¥2700
ラクマ¥3000¥105¥2895
手数料だけで195円の差が生まれる

200円くらい誤差だと思われるかもしれませんが、同じ取引を10回行えば、その差は1950円にも広がります。

この差を甘くみてはいけません。

デメリット2:ハマりすぎ注意

物がどんどん売れていくのはとても楽しいです。

僕は、他に何か売れるものはないかと部屋中を探しまわりました。

苦労して探しだし、出品作業や購入者とのやり取り、発送手続きなどたくさんの時間と手間をかけたにもかかわらず手元に残ったのはたったの100円でした。

さらに、出品するために夜遅くまで起きてしまい、生活リズムが完全に崩れました。

これはとてもコスパが悪いです。

その時間と集中力を自分にとって大切なことに時間を使っていれば、全く違った時間を過ごせるでしょう。

自分の趣味に時間を使えば幸せな気持ちを感じることができるでしょう。

仕事や自己投資をしていれば、将来的に100円以上稼げるかもしれませんよね。

なので、これから始める方にはその他の買取サービスを利用することも視野に入れてほしいと思います。

メルカリで売るより多少安くなってしまっても、時間が生まれるのでトータルで見ると得する場合もあります。

決して売ること自体が目的にならないよう注意してくださいね。

筆者の売上公開

長々と説明してきましたが、ここで僕が2ヶ月利用した結果を公開します。

どん!

この表の通り、メルカリで不用品を売って57449円の利益が出ました。

注目していただきたいのは利益率(売り上げに対する純利益の割合)です。

ゲームやゲームソフトは利益率がかなり高い、つまり、コスパがいいです。

逆に、カードゲームは利益率が低いので、その分コスパは悪いです。

そのため、カードゲームを処分する場合は、メルカリではなく他の買取サービスを使うことも選択肢に入れるべきだとわかります。

売れる商品を探す方法

そんな高く売れるものなんて持ってないな〜、と思われたかもしれませんが、自分にとっては不用品でも、他の人にとってのお宝であることは少なくありません。

なので、持ち物がメルカリで取引されていないか調べてみましょう。

もしかしたら、高値で売れているものが見つかるかもしれませんよ!

おわりに

以上、メルカリの始め方からメリット、デメリットを解説しました。

メルカリはとても楽しいですが、ハマりすぎには注意しよう、というのが結論になります。

この記事を見たあなたは、自分の大切な時間を使いすぎることなく上手にメルカリを楽しんでくださいね。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました