【鬼滅の刃で学ぶ心理学】1巻の心理効果まとめ7選【ネタバレあり】

鬼滅の刃

こんにちは!ばちといいます。

心理学とマンガが好きな僕が「鬼滅の刃」を例に、心理学をわかりやすく解説するシリーズ第4弾!

今回は、「鬼滅の刃1巻」にでてくる心理学を7つ、まとめて解説します!

  • 心理学について、わかりやすく学びたい!
  • 炭治郎たちの心理について知りたい!
  • それが物語にどうかかわっているの?

といった方におすすめの内容です。

※この先ネタバレを含みますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

その①:指示的セルフトーク

セルフトークとは、いわゆるひとりごとのこと。
ひとりごとをいいながら作業したり、頭の中で考える方もいらっしゃるでしょう。

運動のパフォーマンス高める

実は、このセルフトークが運動のパフォーマンスをあげる、という研究(#1)があります。
テッサリア大学によるメタ分析で、32本の論文から、2種類のセルフトークのちがいを調べました。

  1. 指示的セルフトーク=「体をこう動かそう」など、自分に指示をするようなひとりごと
  2. 動機づけセルフトーク=「がんばれ俺!」など、自分のテンションを上げるようなひとりごと

その結果、指示的セルフトークのほうが効果は高く(効果量=0.43)

  • 注意力アップ
  • 集中力アップ
  • プレッシャーに強くなる

などのメリットが確認されました。

竈門炭治郎(かまどたんじろう)のセルフトーク術

炭治郎は、うまくセルフトークを利用しています。たとえば

1.禰豆子(ねずこ)を背負い、町医者のもとへ向かう途中

前に進め
もっと速く足を動かせ

「鬼滅の刃」1巻1話より引用

2.狭霧山(さぎりやま)での修行中

呼吸を整えて罠の匂いを嗅ぎ分けろ

「鬼滅の刃」1巻3話より引用

これらは指示的セルフトーク。

3.岩を斬る修行中

頑張れ俺‼︎頑張れ‼︎!

「鬼滅の刃」1巻4話より引用

は動機づけセルフトーク、というようにしっかりと使い分けています。

  • 戦いのとき→指示的セルフトークで、動きに集中
  • 修行にくじけそうになったとき→動機づけセルフトークで、己を鼓舞

炭治郎はよくひとりごとをいいますが、科学的にも正しい方法だったんですね。

その②:返報性の原理

返報性の原理とは、

なにかをされると、自分もお返ししなくては…‼︎という気持ちになる心理的特徴のこと。

バレンタインデーなど、お返しはいりませんよ、といわれても、なんかモヤモヤしますよね。

炭治郎のトーク術

炭治郎が、返報性の原理を用いて、頼みごとをしているシーンがあります。

竹雄

できる範囲で構わないから
少し木を切っといてくれ

「鬼滅の刃」1巻1話より引用

これのどこがお返しなの?と感じた方もいらっしゃるかもしれません。
実は、これも返報性の原理の1種です。

【悪用厳禁】譲歩でも効果あり

「できる範囲で構わない」これは、譲歩していますよね。
譲歩されると、返報性の原理がはたらき、

次は自分もなにかしなきゃ!

という気持ちになります。

おそらく炭治郎は、竹雄に対する思いやりでこう発言しているのでしょう。

ですが、譲歩には、今度は自分の番だ!と思わせる効果があります。
とても強力な効果なので、悪用はしないようにしてください!笑

その③:理由+頼みごと

社会心理学の名著「影響力の武器」によると、理由をつけると、頼みごとが成功する確率があがるんだとか。

承諾率1.5倍!?

ある実験で、コピーをしている人に対し、先にコピーさせてもらえないかを、2パターンに分けてお願いしました。

  • パターン①:「5枚だけ、先にコピーさせてください」とシンプルにお願い
  • パターン②:「5枚だけ、先にコピーさせてください、急いでいるので」と理由をつけてお願い

なんとその結果

  • ①の60%しか譲られなかったのに対し
  • ②の94%が譲られたそう

理由をつけるだけ、というとてもシンプルな方法にもかかわらず、すさまじい効果があるんです。

炭治郎のお願い術

炭治郎は冨岡に対し、こう発言しています。

家族を殺した奴も見つけ出すから
俺が全部ちゃんとするから

(中略)

どうか妹を殺さないでください…
お願いします…

(後略)

「鬼滅の刃」1巻1話より引用

この発言を分析してみると

  1. 俺が見つけすから(理由)
  2. 妹を殺さないで(頼みごと)

と、みごとに「理由+頼みごと」の構成を使っています。

ただし、冨岡の心境の変化は、描写からはわかりません。

しかし、結果的に

  1. 禰豆子を殺さない
  2. 鱗滝(うろこだき)さんまで紹介

など、炭治郎のサポートをしてくれました。
それだけが理由ではないにせよ、この頼み方が一役買っていることは、まちがいないでしょう。

その④:怒り

感情は、人類が生存するために身に付けたしくみの1つです。

意外かもしれませんが、ネガティブなイメージの強い怒りにも、メリットがあります。
それは、行動力を高めてくれること。

怒りの感情をうまく使えば、目標に向けて、チャレンジできるんです。

冨岡義勇(とみおかぎゆう)の叱咤激励術

冨岡は、炭治郎に対し、こう思っています。

怒れ

許せないという強く純粋な怒りは
手足を動かすための揺るぎない原動力になる

「鬼滅の刃」1巻1話より引用

家族を失い、悲しみにくれている炭治郎に対し、厳しい言葉をあびせているのだけをみると、いやなやつにみえてしまいますよね。

ですが、冨岡の本当のねらいは、

炭治郎の怒りを引きだし、鬼殺隊として修行をはじめるための原動力をあたえること。

炭治郎が、鬼殺隊としてブレずに活動できているのは、冨岡が引きだしてくれた怒りが根底にあるのでしょう。

その⑤:一貫性の原理

一貫性の原理とは

自分の考え方や行動などを一貫させたい、と思う心理のこと。

鱗滝左近次(うろこだきさこんじ)の修行

鱗滝さんは、はじめて炭治郎を見たとき、

ああ この子は駄目だ思いやりが強すぎて決断できない

鬼を前にしても優しさの匂いが消えない
鬼にすら同情心を持っている

義勇 この子には無理だ

「鬼滅の刃」1巻3話より引用

と思っていますね。

しかし、最終的に最後まで修行をつけてくれました。
なぜでしょうか?

それは、冨岡の頼みで、一度修行を引きうけたため、一貫性の原理がはたらき、途中でやめることに抵抗を感じたことが原因です。

その⑥:単純接触効果

また、修行の過程で、単純接触効果もはたらいています。
単純接触効果とは、

たくさん目にしたものや情報ほど、好きになってしまう、という心理効果のこと。

鱗滝さんの見送り

上記のとおり、初めてあったときの鱗滝さんの、炭治郎に対する好感度は低いことがわかります。

しかし、修行をおえた炭治郎に対し、こんなことをいっています。

よく頑張った
炭治郎 お前は凄い子だ…

”最終選別”必ず生きて戻れ
儂も妹も此処で待っている

「鬼滅の刃」1巻6話より引用

こういって、炭治郎を抱きしめている描写がありますね。

これは、約2年間、毎日ともに過ごすうちに、単純接触効果がはたらき、炭治郎のことをどんどん好きになった証拠です。

✔︎単純接触効果をいかす方法はこちら
【鬼滅の刃でまなぶ心理学】単純接触効果と嘴平伊之助

その⑦:対応バイアス

対応バイアスとは、

人を判断するとき、その人の行動は、性格や能力を反映したものだと考える、というもの。

たとえば

  • 仕事でミスをする→仕事ができない人なんだ
  • しゃべりがつまる→会話が苦手な人なんだ
  • イライラしている→怒りっぽい人なんだ

というように、行動というたった一部だけをみて、その人の性格や特性、能力を判断してしまう傾があります。

鱗滝さんの判断が早い件

上記の鱗滝さんの発言は、対応バイアスの例でもあります。

「鬼に対しても優しさを見せる」という行動のみから、鬼殺隊に向いていないと判断しています。
しかし、このとき鱗滝さんは、「禰豆子を人間に戻したい」という強い志を知りません。

✔︎くわしい解説と、対応バイアスへの対処法はこちら!
【鬼滅の刃で学ぶ心理学】対応バイアスとは?【3つの具体例】

心理学を学び、人生を豊かにしよう!

以上、「鬼滅の刃」1巻に登場する心理学7選について解説しました。

心理学は、学ぶメリットのある学問だと思います。

  • 人間関係を改善
  • 自分らしい生き方のヒント
  • 仕事にかす

このように、あなたの生活に役立てることができます。

なので、これからもできるかぎりわかりやすく、心理学について発信していきます。

「鬼滅の刃」2巻の心理学まとめも、更新予定です。
気になる方は、ぜひ

Twitter

をフォローして、更新をお待ちください!

この記事が、あなたのお役に立てばうれしく思います。
それではまた、別の記事でお会いしましょう!

「鬼滅の刃で学ぶ心理学」シリーズはこちらからどうぞ!

参考文献

  • 「鬼滅の刃」,吾峠呼世晴,集英社
  • 「影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか」,ロバート・B・チャルディーニ,誠信書房
  • 「自分を操る超集中力」,メンタリストDaiGo,かんき出版
  • 「だれもわかってくれない 傷つかないための心理学」,ハイディ・グラント・ハルバーソン,ハヤカワノンフィクション文庫,p81~86

コメント

タイトルとURLをコピーしました