【鬼滅の刃で学ぶ心理学】返報性の原理とは?珠世さんを例にわかりやすく解説!

鬼滅の刃

こんにちは!ばちといいます。

心理学と漫画が好きな僕が、「鬼滅の刃」を例に、心理学をわかりやすく解説するシリーズ第6弾!

今回のテーマは、「珠世さんと返報性の原理」です!

  • 返報性の原理を、わかりやすく学びたい!
  • 珠世さんが、炭治郎を助けた心理を知りたい。
  • 自然と周りのサポートを受けられる人になりたい…

といった方へ向けて、

  1. 返報性の原理とはなにか?
  2. 珠世さんと返報性の原理
  3. 返報性を活かす方法

について解説します。

※この先ネタバレを含みますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

返報性の原理とは?

返報性の原理とは、

何かをしてもらったら、自分もなにかをしなければ気がすまないという心理

のことです。要するに、ギブアンドテイクのこと。

何かをもらったら、お返ししないと、なんとなくもやもやしますよね。

返報性の原理の実験

返報性の原理に関して、心理学者のデニス・リーガン氏の実験が有名です。

この実験では、「美術鑑賞」という名目で、参加者を集め、作品を評価するよう伝えました。

しかし、本当の狙いは、親切の影響を調べること

まず、参加者を2つのグループに分けます。
休憩中、

  1. リーガン氏の助手が参加者にコーラを買ってくるグループ
  2. 何もしないグループ

その後、助手は、「新車が当たるチケットを何枚か買ってほしい」と頼みごとをします。
その結果

コーラをもらった人たちは、何もされなかった人にくらべて、2倍も多くチケットを購入したそう。

「コーラをもらう」という親切に借りを感じ、チケットを買ってあげなくては、と感じている証拠です。

【具体例】珠世さんの返報性の原理

実は、珠世さんも、返報性の原理の影響を受けています。
まずは、以下のシーンをご覧ください。

あなたは 鬼となった者にも「人」という言葉を使ってくださるのですね

そして助けようとしている

ならば私もあなたを手助けしましょう

「鬼滅の刃」2巻14話より引用

鬼を助けようとしているから助ける

まず、炭治郎が、鬼にされてしまった人について

俺以外はこの人を押さえられない

(中略)

この人に誰も殺させたくないんだ‼

「鬼滅の刃」2巻14話より引用

といっています。

それを聞いた珠世さんは、血鬼術を使い、事態を収めるため、炭治郎の手助けをしました。

この状況をまとめると、

炭治郎が鬼に対して「人」という言葉を使い、鬼までも助けようとしている

自身も鬼である珠世さんが、その優しさを受け取り、炭治郎を手助けした

人を動かす力がある

これは僕の推測ですが、炭治郎の一言がなければ、もしかしたら珠世さんは助けていなかったかもしれません。
その言葉をきっかけに、手助けしているからです。

珠世さんは、はじめから騒ぎの場にいたと推測できますが、しばらく傍観していました。

そのあとの戦闘の際、愈史郎が

俺は言いましたよね?

鬼狩りに関わるのはやめましょうと

「鬼滅の刃」2巻16話より引用

といっていることから、身を隠すため、積極的に明るみに出ないようにしていたのだと思います。

つまり、

珠世さんが、炭治郎を助けたのは、返報性の原理が理由

だといえます。

そう考えると、炭治郎がやさしい性格でなければ、炭治郎と珠世さんが関わることもなかったかもしれませんよね。

人の心を動かす力がある、返報性の原理ってすごいとおもいませんか?

返報性の原理を活かすには?

以上、返報性の原理について解説しましたが、せっかく学んだのだから、実生活でも活かしたいですよね。

そのためには、先手を打つことを意識しましょう

返報性の原理を起こすには、あなたが何かしらアクションする必要があります。

その行動に対し、借りを感じた人があなたにお返しをしてくれるからです。

小さな親切からはじめよう

海外の研究では、伝票にスマイルマークをつけるだけで、チップの額が増えることが確認されたそう。

なのでまずは、親切をしていくこと。

  • 忙しそうな同僚の書類を、別部署に提出してあげる
  • すこし手を付けてから、仕事をふる
  • 相手のことを褒める

など、小さな事からはじめましょう。

それが、だれかの心に刺さり、あなたを助けたい、と思うようになるはずです。

心理学は生活を豊かにする

心理学は、あなたの人生を豊かにします。

これからも、心理学についてわかりやすく発信して行きますので、気になる方は

Twitter

をフォローして、更新をお待ち下さい。

この記事が、あなたのお役に立てばうれしく思います。
それではまた、別の記事でお会いしましょう!

「鬼滅の刃で学ぶ心理学」シリーズはこちらからどうぞ!

参考文献

  • 「鬼滅の刃」,吾峠呼世晴,集英社
  • 影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか」,ロバート・B・チャルディーニ,誠信書房,41~42p
  • 「なぜかまわりに助けられる人の心理術」,メンタリストDaiGo,宝島社文庫,100p

コメント

タイトルとURLをコピーしました