【簡単です】こんな考え方が読書スピードを格段に上げる話【具体的なステップも解説】

読書法
本を読むのが遅いビジネスマン
本を読むのが遅いビジネスマン

本を読むスピードが遅いことが悩みです。もっと早く読む方法はありませんか?

という悩みを解決します。

✔︎この記事の内容

  • 読書スピードを上げるための重要な考え方
  • 具体的な方法

僕はすごく頑張って本を読んでも年間15冊しか読めないほどの遅読家でした。

ですが、読書に対する考え方を変えただけで2019年は50冊ほど読むことができるようになりました。

今回はそんな方法を解説していますので、僕と同じ悩みを抱える方が少しでも多く本が読めるようになれば幸いです。

後半では、さらに読書スピードを上げる方法や、記憶に残る読書法についても言及していますので、ぜひ最後までご覧ください。

※本記事はビジネス書や専門書を前提としています。

結論:読書スピードを上げるには、全て読まないこと

早速この記事の結論ですが、それは、

一字一句すべてを読まないこと

です。

理由は、たとえ全てを読み込んだとしても、ほとんど記憶に残らないからです。

エビングハウス博士が提唱した忘却曲線についてご存知の方も多いかもしれませんが、人間は学習した内容をすぐに忘れてしまう生き物です。

具体的には

  1. 20分後には学習した内容の42%を忘れ
  2. 1時間後には学習した内容の56%を忘れ
  3. 1日後には学習した内容の67%を忘れ
  4. 6日後には学習した内容の75%を忘れる

このように、本を読んだとしても1週間後には学習した内容の25%しか覚えていないんです。

読書する目的について考えてみましょう

全てを読むと達成感を味わえますよね。
一冊読破してとても気分がいいと思います。

ですが、あなたが本を読む目的はなんですか?

ビジネス書や専門書に限って言えば

自分の悩みを解決し、より良い人生にするため

という方が多いのではないでしょうか?

  • 人間関係に悩みがあるから、コミュニケーションに関する本を読む
  • あまり眠れないから、ぐっすり眠れる方法について書かれた本を読む

など、読書はあなたの問題を解決する手段である場合がほとんどです。

なので、全て読込むことよりも、悩みを解決できるたった一文を見つけることの方が重要ですよね。

必要な情報を的確に見つける具体的な方法

では続いて、自分に必要な情報を的確に見つけるステップについて解説します。

以下の4ステップです。

  1. 本を選ぶ
  2. 目次を読み込む
  3. 学びたいことを3つだけ考える
  4. 該当箇所を重点的に読み、他は流す

順に解説していきます。

ステップ1:本を選ぶ

まずはご自身の問題を解決できそうな本を選びましょう。

この時、始めのうちは重要な箇所が太字になっている本を選ぶといい練習になります。

そういった本は、太字の箇所やその周辺を読めば大体の内容をとることができるので、拾い読みには最適です。

ステップ2:目次を読み込む

本を選んだら、まずは目次をじっくりと読み込んでいきます。

目次を読み込む目的は、この本には何が書かれているのか、その全体像を把握することです。

  • 自分の役に立ちそうなことは書いてあるか?
  • 書いてあるとすればどこに書いてあるのか?
  • 力を入れて読むべきポイント
  • 流し読みでいいポイントはそれぞれどこか

をこのタイミングで把握します。

ステップ3:学びたいことを3つだけ書き出す

そして、全体像を把握できたらその本から学びたいことを3つだけ考えましょう。

なぜ3つかというと、人間の脳が一度に多くの情報を処理できないからです。

ミズーリ大学の研究によると、

人間の脳は「4±1個」の情報しかが一度に処理できない

ということがわかっています。

つまり、3〜5個の情報しか扱えません。

そのような人間の特性から、一冊の本から3つだけ情報を学べばいいよね!というのがこの方法です。

また、できれば学びたいことは紙に書き出すのがベストです。

なぜなら、デジタルで記録するよりも、アナログで記録した方が記憶の定着は高まるからです。

ちなみに、僕はルーズリーフに書き出して、それをしおりとして使っています。

本を開くたびに学びたいことはなんだっけ?と見返すことができるので、おすすめです。

ステップ4:該当箇所を重点的に読み、他は流す

そしていよいよ読んでいきましょう。

前のステップで選んだ箇所を重点的に読み、それ以外の箇所はさらっと流していきましょう。

その際、以下の言葉に注目しましょう。

  • 「つまり」や「要するに」など、言い換えを表す言葉
  • 「しかし」や「だが」などの逆説の接続詞

その直後には、著者の伝えたい重要な情報が書かれていることが多いからです。

そういった情報を拾っていくと、著者が伝えたいことはざっくりと理解することができます。

読書スピードを上げるための他の方法

以上、大事なところだけを読み、読書スピードを上げていく方法について解説しました。

まとめると

一字一句読んでもすぐに忘れてしまう

あなたの悩みが解決する一文を最短で探すことが大切

目次を読み込み全体像を把握→学びたいことは何か?

という内容でした。

これだけで、読書スピードはかなり上がると思いますので、是非試してみてください。

他にも読書スピードを上げる方法について解説した記事がありますので、気になる方は併せてご覧ください。
参考:【読書スピード3倍増!?】積読解消のための読書のコツ6選【全部読まないのが最重要です】

また、読んでもすぐに忘れてしまう、という方へ向けて、できる限り記憶に残す方法について解説した記事もあります。
参考:【もう忘れない】記憶に残る読書法5選【アウトプットを重視しましょう】 

少しでも多く本が読めるようになれば幸いです。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました