炭治郎の優しさは、断り方にも現れる!?イエスバット法のお手本的な例

人間関係

こんにちは!ばちといいます。

心理学と漫画が好きな僕が、「鬼滅の刃」を例に、心理学をわかりやすく解説するシリーズ第11弾!

今回のテーマは、「炭治郎の断り方」です!

  • 炭治郎の、優しいエピソードに触れたい
  • イエスバット法について、わかりやすく学びたい!
  • うまく断れないことが悩み…

といった方へ向けて、

  1. 炭治郎の優しい断り方
  2. イエスバット法とは?
  3. プライベートや恋愛に活かす方法

について解説します。

※この先ネタバレを含みますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

炭治郎の優しい断り方

まず、こちらのやり取りをご覧ください。

禰豆子さんは私たちがお預かりしましょうか

「鬼滅の刃」3巻19話より引用

珠世さんは、禰豆子の危険を考え、炭治郎にこのような提案をしました。

しかし、炭治郎は断ります。その断り方に注目です。

…ありがとうございます

でも俺たちは一緒に行きます
離れ離れにはなりません

「鬼滅の刃」3巻19話より引用

「普通に断ってるだけじゃん」と思いましたか?

実は、この断り方に、炭治郎の優しさが現れています。

なぜなら、炭治郎は、「イエスバット法」を使って断っているからです。

イエスバット法とは?

イエスバット法とは、主に説得や交渉など、ビジネスシーンで使われる会話のテクニック。

相手のいったことを一度肯定してから、伝えたいことを伝える方法です。

たとえば

お客さん「値段が高いよなぁ…」

店員さん「値段は高いですよね…(yes)ですが(but)、性能は最高品質です!」

という会話法。

このとき、はじめから

店員さん「いえ、性能は最高クラスです!」

と伝えると、お客さんは、自分のいったことを否定されたように感じます。

話を聞くことが重要

人間は、話を聞いてもらえると、お金をもらったときと同じくらい満足する生き物。

なので、いかに「あなたの話を聞いていますよ」と伝えられるかがポイント。

セールスにおいて、信頼が重要な要素なので、一度肯定し、話を聞いていることをアピールしましょう。

「印象って、どうやって決まるんだろう?」と思った方は、下記の記事もあわせてご覧ください。

炭治郎のイエスバット法

上記のとおり、炭治郎は、珠世さんの提案をはじめから断っていません。

「ありがとうございます」と一度受け入れていますね。

こうすることで、断るときの印象が和らぎます。

実際、珠世さんは断られても晴れやかな表情をしており、愈史郎は、

お前の妹は美人だよ

「鬼滅の刃」3巻19話より引用

といい残しました。

炭治郎の優しさが2人に伝わったシーンですね。

プライベート・恋愛にも応用する方法

イエスバット法は、日常のワンシーンにも活かすことができます

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

  • 友達から、お誘いがあったんだけど、正直あんまり行きたくない
  • でも、断るのは申し訳ないから行くかぁ…

とても分かります、僕もそうでした。

ですが、イエスバット法を使い、断ることを意識すると、次第に断りやすくなりました。

飲みの誘い

以前、【書評】いきたくない飲み会を上手に断る方法も解説!「エッセンシャル思考」【感想・要約】という記事でも似たような方法を紹介しましたが、こんなときにもイエスバット法は使えるんです。

たとえば

「飲みに行かない?」

と誘われたとしましょう。

さすがに「行けない!」とはいいづらいはず。

なので、イエスバット法を使い

「いいね!(yes) でもごめん(but)、今お金がなくて…」

と伝えることで、自分の意見や気持ちを伝えやすくなります。

デートの誘い

また、恋愛にも活かすことができます。

たとえば、

「買い物に行きたいな!」

と誘われた場合

「買い物じゃなくて映画はどう?」

と伝えると、相手は否定されたように感じます。

一方、イエスバット法を使い

「買い物もいいね‼(yes) でも(but)あの映画気になってるんだよね!」

と伝えると、印象はかなり変わります。

心理学を学び、人生を豊かに

このように、心理学は、あなたの人生を豊かにします。

これからも、心理学についてわかりやすく発信しますので、気になる方はTwitterをフォローして、更新をお待ちください。

この記事が、あなたのお役に立てばうれしく思います。
それではまた、別の記事でお会いしましょう!

「鬼滅の刃で学ぶ心理学」シリーズはこちらからどうぞ!

参考文献

  • 「鬼滅の刃」,吾峠呼世晴,集英社
  • 「トークいらずの営業術」,メンタリストDaiGo,リベラル社,p131~133

コメント

タイトルとURLをコピーしました