【ONEPIECEで学ぶ心理学】相手を2倍も納得させる説得テクニック

ONE PIECE(ワンピース)

こんにちは!ばちといいます。

心理学と漫画が好きな僕が、「ONE PIECE」を例に、心理学をわかりやすく解説するシリーズ第3弾!

今回のテーマは、「ウソップの説得術」です!

  • 説得のテクニックを、わかりやすく学びたい!
  • 相手を、カンタンに納得させる方法を知りたい!
  • お願いや頼みごとが苦手…

といった方へ向けて、

  1. BYAFテクニックとは?
  2. ウソップの説得術

について解説します。

※この先ネタバレを含みますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

BYAFテクニックとは?

まず、最強の交渉テクニック、「BYAFテクニック」について解説します。

BYAFとは、「But You Are Free(ですが、あなたは自由です)」の頭文字を取ったもの。

このたったひとことを最後につけるだけで、相手がイエスという確率が、なんと2倍も上がります。

これは、西イリノイ大学による研究(#1)で、42件の論文から、22,000人のデータを分析し、「BYAF」の効果を調べたメタ分析で判明。

その結果は明らかで、最後に「BYAF」をつけてお願いした場合

  • 寄付が多くもらえる
  • お金を借りやすい
  • アンケートに答えてもらえる

など、頼みごとの内容に関係なく、効果が確認されたそう。

ポイント:意思を尊重していること

このように、凄まじい効果が確認されましたが、なぜこれほどまでに効果があるのでしょうか?

その理由は、「相手の意思を尊重している姿勢」にあります。

僕たちは、自分のことをどれだけコントロールできているか、という感覚を重視します。

あなたも、上司に1から10まで仕事のスケジュールを管理されても、幸せは感じませんよね。

自由は、人生の幸福度を上げる

様々な研究でも、職場の自由度が上がれば上がるほど、

  • 仕事への満足感が上がり
  • ストレスに強くなり
  • 健康的になる

ことがわかっています。

BYAFテクニックは、相手に自由をあたえます。

「僕はこう思うけど、最終的に決めるのは、あなたですよ」と伝える方法です。

相手にとっては、「自分のことは自分で決められるんだ」という安心感につながり、結果的に承諾する確率が上がるんです。

ウソップの説得術

ウソップは、作中でも口がうまいことで有名ですよね。

ワノ国編でも、自慢の話術で、ガマ油を売っていました。

実はそんなウソップも、作中でBYAFテクニックを使っているんです。

ウソを貫き通すお願い

まず、以下のシーンをご覧ください。

今…ここで起こったことを全部秘密にできるか?

「ONE PIECE」5巻40話より引用

キャプテン・クロを倒した直後、ウソップ海賊団の3人とカヤに向かってこう言っています。

否定的な反応

すると、4人はまず、以下のような反応を見せました。

にんじん

え!?秘密に!?

どうしてそんなことするんですか!?

「ONE PIECE」5巻40話より引用

ピーマン

そうですよ‼

おれたち村のために戦ったのに‼

「ONE PIECE」5巻40話より引用

たまねぎ

キャプテンだってみんなから見直されますよ‼

村の英雄になれるのにっ‼

「ONE PIECE」5巻40話より引用

カヤ

ウソップさんみんなの誤解を解かなきゃ…

「ONE PIECE」5巻40話より引用

見てわかるとおり、4人ともウソップの提案に対して否定的な態度を見せていますね。

たったひとことが決め手

さらにウソップはこう続けます。

もう終わったことをわざわざみんなに話して 恐怖をあたえることはねェ

(中略)

このままなにもなかったことにしよう

「ONE PIECE」5巻40話より引用

こういわれた3人は、黙って聞いている様子が描かれています。

最後にウソップは、こう言いました。

強制はしねェが…

「ONE PIECE」5巻40話より引用

この言葉の直後、3人ともものすごい勢いで承諾しています。

それぞれが親に怒られながらも、クロネコ海賊団と戦ったことを隠し通している描写が描かれています。

カヤも、ウソップの気持ちを理解し、納得した様子です。

強制しない、つまり、最終的な意思決定を彼らにゆだねることで、結局イエスを引き出しています。

交渉が苦手な方へ

このように、はじめは否定的な態度を見せている相手でも、効果を発揮するのがBYAFテクニック

僕は、交渉やたのみごとがとても苦手です。

口がうまいわけでもないし、相手に迷惑をかけるのが申し訳ないな、とか、断られるのが怖いな、と考えてしまうからです。

このテクニックは、僕と同じように、頼みごとが苦手だという方に特に使っていただきたいです。

  • 家族にちょっとしたお願いをするとき
  • 友人に頼みごとをするとき
  • 同僚に仕事を頼むとき

など、いろいろな場面で活用できるテクニックですので、ぜひ試してみてください。

この他にも、生活の役に立つ心理学をできるかぎりわかりやすく発信していきます。

気になる方は、

Twitter

をフォローして、更新をお待ち下さい。

この記事が、あなたのお役に立てばうれしく思います。
それではまた、別の記事でお会いしましょう!

ONE PIECEで学ぶ心理学シリーズはこちらからどうぞ!

参考文献

コメント

タイトルとURLをコピーしました