【承諾率1.5倍!?】頼み事のコツと心理学【結論:理由を伝える】

人間関係

こんにちは!ばちといいます。

今回のテーマは「頼み事のコツ」

  • 頼み事のコツが知りたい
  • 頼み事の心理学を学びたい
  • どうやって活かせばいいの?

という方へ向け

  • 頼みごとのコツ
  • 理由をつけると効果的な理由
  • 実践する際の注意点

について解説します。

心理学がベースになっておりますので、ご安心ください。

スポンサーリンク

頼み事のコツ

さっそく本記事の結論ですが、頼みごとのコツは、

理由もあわせて伝えること

なんと理由をつけるだけで、承諾率が1.5倍も上がります。

頼み事の心理学

これは、心理学者、エレン・ランガーが行った実験でわかりました。

実験では、図書館でコピーしている人に対し、2パターンに分けて

「先にコピーさせてもらえないか」

をお願いしました。

  • パターン①:「5枚だけなんですが、先にコピーさせてもらえませんか?」とシンプルにお願い
  • パターン②:「5枚だけなんですが、先にコピーさせてもらえませんか?急いでいるので」と理由をつけてお願い

なんとその結果

  • ①の60%しか譲られなかったのに対し
  • ②の94%が譲られたそう

とてもシンプルな方法にもかかわらず、ものすごい効果。コスパ最強です。

理由の内容が重要?

この結果だけ見ると、譲った人は、「急いでいる」という理由に納得したのだろう、と考えられますよね。

それを確かめるため、ランガーはもうひとパターンのお願いをしました。

  • パターン③:「5枚だけなんですが、先にコピーさせてもらえませんか?コピーをとらなくてはいけないので

これ、同じこといってるだけですよね。

AだからAさせて、といっているようなものなので、論理もなにもありません。

「これはさすがに効果ないでしょ」と思われるかもしれませんが、このパターンでも効果があったんです。

なんとこのパターンでお願いした人の、93%が承諾。

どうやら、理由の内容に納得したことが原因ではないようです。

理由をつけると頼み事が承諾される理由

カチッサー効果の例・意味・語源

動物には、固定的な行動パターンがあります。

代表的な例は、イトヨという魚の繁殖行動。

繁殖期になると、イトヨのオスのお腹は赤くなります。

そして、自分のナワバリに他のオスが侵入すると、攻撃を仕掛けます。
この際、目印にしているのが、相手の赤いお腹。

イトヨは生まれつき、「赤いお腹を見ると、自動的に攻撃する」という行動パターンを持っています。

社会心理学者のロバート・B・チャルディーニ氏は、このような反応を「カチッサー効果」と呼びました。

カセットテープにたとえ、再生ボタンを押すと、(カチッ)音声が流れる(サー)ことが由来です。

理由:カチッサー効果

それは、僕たち人間にも、当てはまります。

当たり前のことを理由にして、承諾されるのは、カチッサー効果が理由です。

「ので」という言葉が刺激となり(カチッ)、譲るという行動(サー)というわけです。

ビジネスや日常、恋愛にも使える例

この方法は、とてもシンプルなので、いろんな場面に応用ができます。

✔仕事を振るとき

資料作るのに必要なので
このデータをください

✔日常でお願いをするとき

久しぶりに会いたいから
ご飯食べに行かない?

✔恋愛でも

あなたのことが好きなので
付き合ってください。

というように、お願いをするときは、理由も伝えることを意識しましょう。

人間は、理由がほしい

お願いされる側になって考えると、より理解が深まります。

ただお願いをされるより、その理由も伝えられたほうが、安心できますよね。

人間は、理由を欲しがる生き物だからです。

理由をつけることで、「なんでだろう?」という疑問を解決する事ができます。

【注意点】理由の内容

最後に、注意点ですが、こちらは個人的な考察です。

それは、いいかげんな理由は避けるべき、ということ。
なぜなら、不誠実な印象につながりかねないからです。

この実験では、理由らしい理由でなくとも、頼みごとは受け入れられています。

しかし、本能的に、承諾したとしても、それが好印象につながるかどうかは別問題です。

【簡単です】第一印象を良くする3つのテクニック【恋愛にも応用可】という記事でも解説したとおり、人の印象を左右するのは、「温かみと能力」です。

いいかげんな理由で頼まれた人は、あなたの矛盾を感じ取ります。
その結果、「この人は、能力がないのかもしれない」と思われかねません。

もし、良好な関係を築きたいのであれば、理由は筋の通ったものにすべきです。

すこしずつ試して実験

以上、理由をつけると承諾されやすいよ、という話をしました。

今回紹介した方法を、すこしずつ取り入れ、相手の反応はどう変わっていくかを実験するのがオススメです。

当たり前ですが、この方法には個人差はあります。

効果がある人、ない人を見極め、その人に合った頼み方をすることが大切。

そのために、すこしずつ試し、改善していきましょう。

今後も、

  • 心理学
  • 人間関係

に関する情報を発信していきますので、気になる方はTwitterをフォローして、更新をお待ちください。

この記事が、あなたのお役に立てばうれしく思います。
それではまた、別の記事でお会いしましょう!

参考文献

コメント

タイトルとURLをコピーしました