【注意】ファビングに気を付けよう。人間関係を壊す行為【心理学もわかる】

スマホ

なかなか会話が盛り上がらない…
だからついスマホを触ってしまう…
簡単に人間関係を改善する方法ってないかな?

この記事は、こういった方へ向けた記事です。

本記事の内容
  1. 親しい人間関係も壊すファビングとは?
  2. 机の上に置くだけで親密度が下がる!?
  3. 【5秒でできる】シンプルな人間関係改善法

はじめに、こちらのツイートをご覧ください。

本記事の結論:ファビングは人間関係を悪化させるよ!

スマホってとても便利ですよね。
今や生活に欠かせないアイテムといっても良いでしょう。

しかし、スマホはあなたの人間関係を壊します。
たとえそれが親友や恋人、家族など、親しい間柄であっても。

この記事では、上記のツイートを深掘りし、

  • スマホが人間関係を壊す科学的根拠
  • 会話を楽しむシンプルな方法

について論文や心理学をまじえて解説します。

目次

親しい人間関係も壊すファビングは?

親しい人間関係も壊すファビングとは?

ファビング(phubbing)とは「phone(携帯電話)+subbing(冷たい態度をとる)」を組み合わせた造語です。

簡単に言うと、ファビングとは「会話中にスマホをいじり、相手とのコミュニケーションが取れないこと」。

飲み会のときに友達がスマホを触り始めた、という経験をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
もしくは、あなた自身がやってしまっているかもしれません。

しかし、ファビングは絶対にしてはいけません。

ファビングの悪影響

あなたは友達がスマホをいじりはじめたら、どんな気持ちがしましたか?
おそらく、いい気分にはならないはず。

実際、ケント大学の論文(#1)によって、ファビングは人間関係を壊すことが分かっています。

この実験では、参加者に以下の3パターンのアニメを見てもらいました。

  • キャラが普通に会話する
  • キャラの一人が会話中にたまにスマホを見る
  • キャラの一人が会話中ずっとスマホを見る

その結果参加者は

スマホを見れば見るほどコミュニケーションの質が低下し、関係性が壊れてしまう

と答えたことが分かりました。

この研究では、ファビングをされた人は疎外感を感じることが分かっており、それが人間関係を悪化させてしまう原因。

つまり、スマホを触られると「自分との会話よりもスマホのほうが大事なんだ」と感じ、会話に満足できなくなるわけですね。

ファビングはカップルの関係も壊す

あなたは恋人がスマホに夢中で話を聞いてくれない、という経験ありませんか?

もしかしたら相手は、あなたを信頼しているため
「これぐらいやっても大丈夫だろう!」
と思っているのかもしれません。

しかしファビングは、カップルの関係をも悪化させることがわかっています。

ベイラー大学のジェームズ・ロバーツ、メレディスデイヴィッド博士による研究で、交際関係にある男女143人を対象に、ファビングの悪影響について調べました。

すると、参加者の70%が「ファビングによりコミュニケーションが阻害されたことがあるか?」という質問に対し、

  • ときどきある
  • 頻繁にある
  • かなり頻繁にある
  • いつもそうだ

と回答したそうです。

つまり、親密なカップルでも、ファビングは効果を発揮するんです。
もしパートナーがスマホを置いてくれなければ、この記事を見せてあげてください。笑

机の上に置くだけでも親密度が下がる!?

ちなみに人間関係を悪化させるには、スマホをいじる必要はありません。
ただそこにあれば良いだけです。

これは、バージニア工科大学による研究(#2)で、100組を対象にスマホの存在と親密性について調べたもの。
具体的には、下記の2つのグループに分け初対面の相手と10分間会話してもらいました。

  • グループ①日常ネタなど、些細なトピックについて話すグループ
  • グループ②今年1印象に残ったトピックについて話すグループ

その際研究者たちは、会話中にスマホを机に置いていたか、手に持っていたかを観察。
そして、会話が終わった後、参加者に会話とその相手について印象を答えてもらいました。

その結果スマホをテーブルに置いたり、手に持っていたペアは

  1. 相手に対する親近感
  2. 共感的な関心(相手は、どれくらい自分のことを理解しようとしてくれていたか)

が下がっていたことが分かりました。

当然、ファビングされれば嫌な気分になりますよね。
しかし、机の上にあるだけでも人間関係が悪化するというのは驚きです。

【悪用厳禁】ファビングを利用する方法

ファビングの悪影響についてはご理解いただけたはず。
もちろん、誰に対しても行うべきではありませんが、一つだけ例外があります。

それは、関わりたくない人です。

嫌な人や、関係をフェードアウトさせたい人にはこのファビングを使うことで、関係を終わらせることができます。

具体的には、苦手な人と会話をするたびに、さり気なくスマホを触ると。
すると相手は疎外感を感じ「あなたと関わるのをやめておこう」と感じるようになるわけですね。

効果は期待できますが、あまりいい方法ではありませんので、もうどうしようもない最後の手段として使ってください。

【5秒でできる】シンプルな人間関係改善法

友達

これらをふまえて、人間関係をカンタンに改善する方法は

会話中はスマホを絶対に触らないこと

です。

  • カバンにしまう
  • ポケットに突っ込む
  • 電源を切る

など、とにかく相手にスマホを意識させないことが大切。
会話中は「スマホじゃなく、あなたに関心があるんですよ」という態度を見せることを徹底しましょう。

会話中にスマホを触らない、たったこれだけのことで人間関係が改善すると思えば、それほど簡単なことはありませんよね。

共通の話題を調べる場合は例外

もちろん、どうしてもスマホで調べ物をする場面もあるでしょう。

  • あの俳優なんの映画に出ていたっけ?
  • 来週のランチどこに行こうか?
  • 今度ここに旅行に行きたい!

など、会話の手段として使うこともあると思います。

そういった用途でスマホを使うことは問題ないでしょう。
あくまでも「スマホ<相手」だからです。

ファビングが問題なのは疎外感。
なので、相手とのコミュニケーションの一貫で使うのは疎外感を感じませんよね。

ですが、その話題が解決したらだらだらスマホをいじらないためにも、すぐにカバンにしまうという意識を忘れないようにしましょう。

ファビングを避け、豊かな人間関係を作ろう

以上、スマホをいじると人間関係が悪化するよ!ということについて解説しました。

まとめると

  • 会話中にスマホを触ると、恋人との関係も悪くなる
  • 机の上にあるだけでもだめ
  • 承認欲求を満たすため、会話中はスマホをしまおう!

という内容でした。

良い人間関係を保つことは、あなたの人生を幸せにします。

ハーバード大学の成人発達研究でも

人生を幸せにするのは健康でもお金でもなく、豊かな人間関係だ

と結論を出しています。

まずは小さな一歩から踏み出してみましょう!

この記事で、嫌われないための方法を学びました。
次に学ぶべきは、どうすれば人から好かれるのか、というところ。

心理学をふまえた内容を解説した記事がこちらです。

よかったらシェアしてね!

公式LINEはじめました!

〜公式LINE、はじめました〜

内向的な人がもっと生きやすくなる知識」をテーマに、週に1回程度を目安に不定期で配信します。

また、無料のお悩み相談も受付中!

「この記事のここがわからなかった」「ブログに書いていなかった、こんなことを教えてほしい」「こんなことに悩んでいるんだけど、どうすれば解決できる?」

などなど、仕事や人間関係、恋愛、生き方などのお悩みに、内向的なままでもそこそこ幸せに生きている僕がお答えしますので、お気軽にメッセージをお送りください。

まずは下記のボタンから、友だち登録してみてくださいね。

目次
閉じる