面接が苦手なあなたへ。印象を良くする7つの心理学的対策

  • 面接が苦手だな。
  • 人格が否定されるように感じて、面接に落ちるのが怖いんだよね。
  • 面接の難易度を下げる方法ってないかな。

この記事は、こういった方へ向けて書いています。

✔︎本記事の内容

  1. 面接が苦手な人の特徴と原因
  2. なぜ面接で落ちたのか?とその対策
  3. 面接の難易度を下げる7つのコツ

面接が苦手な方も、多いと思います。僕も同じです。
僕は内向的な性格で、面接となるとガチガチに緊張し、うまく話せません。
しかし、転職したかったので、面接は避けて通れませんでした。

「正攻法で戦っても、コミュ強には勝てないな」と思い、面接の難易度を下げられないか考えました。
そして、1社より書類選考通過のお話をいただいたので、面接を受けることに。

そして上記のとおり、念願だったWebライター職への転職が決まりました。
面接で意識したのは、この記事で紹介する7つのポイント。

この記事では、面接が苦手な僕がどうやって転職したのか、そのすべてをまとめました。
心理学や脳科学などの科学的な根拠にくわえ、僕の経験をふまえた内容です。

目次

面接が苦手な人の3つの特徴と原因

まず、なぜ面接が苦手なのか考えてみましょう。

その原因は、主に3つに分けられます。

  • その①:緊張
  • その②:失敗が怖い
  • その③:うまく話せない

その①:緊張

まず、面接が苦手であれば、まちがいなく緊張しますよね。

  • 面接官はどんな人だろうか?
  • どんなことを聞かれるんだろうか?
  • 台本がふっとんで、沈黙したらどうしよう…

など、考え出せばキリがありません。

こういった場合、準備不足によってさらに緊張するので、入念に準備しましょう。

その②:失敗が怖い

また、「面接で失敗したくない」という考えが、苦手意識につながります。

  • まわりからの評価や期待に応えたい
  • 面接官の印象を完璧にしたい
  • うまく話せないことが怖い

というように、プレッシャーを感じる方も多いでしょう。
過去に面接で失敗した経験がある、という方であれば、なおさらです。

対策として、「面接は、面接官と会話をする場」ととらえなおすこと。

もちろん、面接を軽くとらえるなんてできない、という方もいらっしゃるでしょう。

しかし、そのせいでパフォーマンスを発揮できなければ、本末転倒
リラックスして話すほうが、あなたの魅力は伝わりやすいと思います。

その③:うまく話せない

そして、そもそも話すのが得意ではない、という方も多いと思います。

僕も内向的なので、話すよりも聞くほうが好きです。
しかし、面接は、自分が質問に答える場。苦手意識が芽生えるはずです。

こういった方は、本番を想定した練習を積むことが、対策になるでしょう。

また、下記の記事では、内向的な方へ向けて、「内向型と面接」というテーマで解説しています。
あわせてご覧ください。

なぜ落ちてしまうのか?面接が苦手な人が知っておきたい基礎知識

前提として、面接に落ちる理由は、だめな人間だからではありません。
ただ、面接官の印象を勝ち取れていないだけなんです。

面接官があなたを評価する手順

面接官も人間なので、あなたのことを思い込みで評価します。

脳の認識についてかるく解説しますと、大きく2つのフェーズに分かれます。

フェーズ1:第一印象

フェーズ1では、第一印象を形成します。

その人の知識、経験、好みにもとづいて、なんとなくのイメージを作り上げるんです。
パッと見で「なんとなくいい人そうだな」「ちょっと苦手なタイプだ」って思うこともありますよね。

ちなみに、メラビアンの法則では、最初の3秒で第一印象が決まる、といわれてます。

フェーズ2:印象を修正

そして、フェーズ2では最初の印象を修正します。

  • 「やっぱり思ったとおりの人だ」
  • 「あ、意外とこんな一面もあるんだ」

というように、第一印象は合っていたのか、間違っていたのかを確認し、修正するんです。

【難しい理由】確証バイアス

しかし、やっかいなのが、確証バイアスという思考のクセ

確証バイアスとは、自分の都合のいい情報だけ集めようとする心理のこと。

たとえば、あなたが「この時代転職すべきだ!」と考えているとしたら

  • それに賛同する記事やYouTube動画ばかりを見て
  • 反対意見を見ようとしない

という心理がはたらきます。

【ポイント】第一印象

面接官は確証バイアスにより、第一印象に合う事実を探します。

  • 第一印象が良ければ、プラスの面ばかりに目が行く
  • 第一印象が悪ければ、マイナスな面が目立つ

というように、第一印象が合否の結果を大きく左右します。

つまり、面接の難易度をガクッと落とす方法は、

良い第一印象を勝ち取る

ということです。

苦手な人必見!面接の難易度を下げる7つのコツ

面接の難易度が爆下がりする、第一印象を上げる7つのコツを紹介します。
まずは、こちらのツイートをご覧ください。

こちらをくわしく解説していきます。

印象を90%決める2つの要素

ハーバード大学の心理学者、エイミー・カディ氏の研究によると、人の印象の90%は

  1. 温かみ
  2. 能力

の2つの要素によって決まるそう。
つまり、面接では「感じのいい人だ」「仕事で活躍してくれそうだ」と感じさせることが重要になります。

温かみを伝える

さまざまな研究で、温かみを伝えるには、次の3つの要素が必要だとわかっています。

その①:目線

面接では、面接官の目を見て話しましょう。
面接官は、「自分と会話をしてくれているんだ」と感じ、好印象につながります。

目を見ることが苦手な方は、相手の眉間を見ると良いです。

その②:相槌をうつ

また、面接官の質問や発言をうなずいて聞きましょう。
「あなたのいうことをしっかり聞いていますよ」というアピールになります。

ハーバード大学によると、話を聞いてもらえると

  • お金をもらったとき
  • 美味しいものを食べたとき

と同じレベルで脳が興奮するそうです。

面接はこちらが話すのがメインですが、面接官の発言に気を遣うことも大切です。

その③:笑顔

面接では、にこやかな表情を作ることも大切です。
コミュニケーション講師であるデール・カーネギー氏は、ほほえみについて

微笑みはこう語る

「私はあなたが好きです。あなたのおかげで私はとても楽しい。あなたにお目にかかってうれしい」

「人を動かす」90ページより引用

と表現しています。

たしかに、話している相手が笑っていると、「楽しんでくれているんだな」と感じますよね。

これは面接官も同じです。
ニコニコして会話をすれば、好印象につながります。

活躍してくれそうだ!と思わせる

続いて、能力を示す方法は、以下の4点です。

その④:【入り方】ゆったりと開放的に

面接室や、会社に入る時、いい姿勢でゆったりと動くことを意識しましょう。
こうすると、相手の印象が高まるからです。

2012年のある研究によると、ゆっくりと開放的に歩いた人は、

  • 外向的に見え
  • 信頼感が上がり
  • 優しそう

という印象を抱かれたそうです。

つまり、面接室への入り方ひとつで印象が決まります。

なかなかうまく動けない、という方は、背筋をのばし、胸を開くようなイメージでやってみてください。

その⑤:【身だしなみ】高そうなもの

清潔感を大切に、というのはよく言われていることですよね。
もちろん身だしなみも大切ですが、高級に見えるものだとより好印象です。

研究によると、高い服を身に着けた人は、有能だと判断される傾向があるそうです。
ハイブランドのカバンを見ると、「うわ、すげーな」って思うのと同じですね。

なので、スーツや時計、靴にカバンなど、実際に高くなくても、高級感のあるものを身に着けましょう。

もし、「そんな高いものを買う余裕がない」という方は、スーツのレンタルサービスもあるみたいなので、ぜひご検討ください。

その⑥:【内容】未来を語る

過去の実績ではなく、ポテンシャルについて話すようにしましょう。

これはさまざまな実験で確認されており、たとえば2012年のハーバード大学は、学生に面接官になったイメージをしてもらい、誰を採用したいか答えてもらう実験を行いました。
すると、実績を答えた就活生より、未来のポテンシャルを語った就活生をとりたいと思ったそうです。

また、投資家やNBA選手、レストランなど、対象を変えても同じ結果が確認されています。

「何社か受けているけど、なかなかうまく行かない」という方は、志望動機や転職理由、自己PRなどに、ポテンシャルエピソードを加えてみてください。

その⑦:話し方

最後は、話すスピードについてです。
これは、速く話すか、遅く話すか議論の余地があります。

というのも

  • 速く話す
  • 遅く話す

の両方に説得力が上がるとする研究があるからです。

なので、話しやすいほうでいいと思います。
僕は、速く話すと台本がふっとびそうな気がしたので、遅く話すという戦略を取りました。

ちなみに、返答速度は早いほうが印象が良い、とされています。
質問に対し、即答するのが苦手な方は、「えー」とか「そうですね」など、相槌をうまく使ってみてください。

とはいえ、苦手なら面接練習は必要です。

これらのテクニックを使えば、面接官の印象を高められますが、あくまでもしっかり事前準備した場合に限ります。
内容に中身がなければ意味がないからです。

そのため、本番を意識した面接練習も大切。
模擬面接を受け、本番のイメージを作ることは良い対策になるでしょう。

しかし、僕は模擬面接も苦手でした。
なので、僕は下記ツイートのように、擬似面接会場を作りました。

この環境で、録音、撮影をおこない、自分でガッツリ対策していました。

模擬面接も嫌だな、という方はぜひ参考にしてください。
意外と緊張するので、効果はあると思いますよ!

よかったらシェアしてね!

幸せの心理学チャンネル、はじめました!

幸福度を高める科学的な方法を発信するYouTubeチャンネルをはじめました!

週1回、ポジティブ心理学の研究や本で学んだ知識、心理学者の考えなどについてお話します。
ラジオ配信スタイルの動画となっていますので、家事や筋トレをしながらや夜眠る前などに聞きながし学習に最適です!

▽下記は「幸せとはなにか?」についてお話した、全ての方に観てほしい動画です

こちらの動画をご覧いただき、勉強になったな〜と思った方は、ぜひ下記ボタンからチャンネル登録をお願いします。
一緒にハッピーライフを目指していきましょう!

目次
閉じる