転職する

未経験からWebライターへ転職する方法【結論:ブログを始めよう】

desk 転職する

こんにちは、ばちといいます。

  • 未経験でも、Webライターとして働けるの?
  • どうやったらWebライターになれるんだろう
  • Webライターになるために、何か準備しておくことはある?

この記事は、こういった方へ向けて書いています。

✔本記事の結論

未経験からWebライターになりたいなら、個人でブログを運営しましょう。

僕は、未経験から正社員としてWebライターへ転職しました。
それはまさに、このブログのおかげ。

実績のない未経験者にとっては、ブログが唯一のアピールポイントです。
ブログを書いていなければ、書類選考すら突破できていなかったはず。

そこでこの記事では、僕の転職談と働いてみて感じたことをシェアしようと思います。

✔この記事を読めばわかること

  1. 【体験談】内向型人間が未経験からWebライターへ転職してみた
  2. Webライターになるためにするべきこと
  3. 未経験Webライターは就職するのもアリな理由

それではいきましょう。

スポンサーリンク

【体験談】内向型人間が未経験からWebライターへ転職してみた

内向的な人に向いている仕事10選。仕事が辛いなら環境を変えよう

それでは、僕がどんな流れで転職したのか、ざっくりと紹介していきます。

難しいことはしていません。
それでも未経験から転職ができたので、再現性はそこそこ高いと思います。

その①:前職在職中にブログを始める

ここがターニングポイント。
前職がとにかく嫌で「一生この仕事を続けるなんて地獄だ」とさえ思っていました。

そんなとき、マナブさんのYouTubeに出会い、ブログを書くという選択肢を知ったんですね。
ブログは転職や独立につながると知り、藁にもすがる思いで飛びつきました。

お伝えしたとおり、ブログを始めていなければWebライターに転職することもなかったでしょう。

今こうしてWebライターとして働けているのも、あの日の僕がブログを始めてくれたおかげ。
今となっては感謝しかありません。

その②:転職活動をスタート

ブログを書き始めて半年たった頃から、転職活動をはじめました。
「転職の思考法」という本を読み、転職エージェントの存在を知り、前職の休憩中に登録したことを覚えています。

一生使えるスキルが身につく仕事がしたい」と、ざっくり希望を伝えて、いろんな求人を紹介してもらいました。

ちなみに、僕が利用したエージェントは、下記の3種類。

  • マイナビエージェント
  • dodaエージェント
  • リクルートエージェント

人の相性もあるので、複数登録しておくと良いと思います。
マイナビが一番親身に対応してくれたので、個人的におすすめです。

くわしくは下記で解説してます。

その③:書類選考

しばらく求人を探していると、希望に合ったいい感じの職場を見つけたので、即応募。

  • 自社メディアのライター職
  • 集中できる環境を用意している
  • 作業中イヤホンをしても良い

このあたりが僕の希望にピッタリマッチしていました。

その際、職務経歴書や履歴書とあわせて、自分のブログのリンクを貼り、ポートフォリオとして利用。
ここでブログが活きてくるわけですね。

その④:面接を受ける

無事書類選考に合格し、面接の連絡が来ました。

僕は面接がものすごく苦手で、前日に熱を出したこともあるほど。
嫌とはいっても、臨機応変な受け答えもできないので、ガッチリ対策しました。

当日は、思ったよりもゆるい面接で、チームリーダーと二人の面接でした。
ミーティングルームで机越しに話すスタイルだったので、リラックスできてよかったです。

面接の出来は、五分五分といったところ。
でも、実際職場に行ってみるととても働きやすそうだったので「なんとか合格してほしいな…」と願ってました。

しばらくすると面接突破の連絡と、続くテストライティングの案内が。
飛び上がるほど嬉しくて、いろんな人に連絡しちゃいました。(ただ面接に受かっただけなのに)

ちなみに、僕は面接が苦手なので、ちょっとした裏ワザを使いました。
詳細は「面接が苦手なあなたへ。面接への7つの対策【印象を良くするコツ】」という記事で解説してます。

その⑤:テストライティング

テストライティングでは「転職 20代」というように、キーワードが指定され、それに沿った記事を書いていきます。
僕は下記の手順で作成しました。

  1. あたえられたキーワードでググる
  2. 1ページ目に表示されている記事はどんな記事か
  3. 情報を取捨選択しつつ、自分なりの意見をまとめる

提出する最後の最後まで見直し「ここちょっと分かりづらいかな」「この表現言い換えられないかな」と、ウンウン悩んでなんとか完成。

その⑥:合格、入社

テストライティング提出から2週間ほど経ってから、採用の連絡をいただきました。

本当に嬉しかったです。
「もうこの仕事をしなくても良いんだ」という前職からの解放と「一生使えるスキルが身につくイケてる仕事ができる」という未来への希望が入り混じり、よくわかんないくらいハイテンションでしたね。

こんな感じで、未経験からウェブライターへ転職することができました。

実際に働き始めて1ヶ月半ほど経過しましたが、本当に転職してよかったなと思います。
前職より間違いなく自分に合っているので、すごく働きやすいです。

  • 自分のペースで仕事ができる
  • 専門スキルが身につく
  • 電話がならない

このあたりが本当に最高。
静かな環境でマイペースに働きたいという方には、ピッタリの仕事です。

未経験からWebライターになりたいならやっておくべきこと2つ

step

下記の2つは最低限やっておくべきです。

  • その①:ブログを書く
  • その②:ライティングの本を読んで学習

くわしく見ていきましょう。

その①:ブログを書く

最重要はここです。
その理由は、採用する側に立つと分かります。

転職でも副業でも、仕事を発注する人間がいますよね。
言い換えると、あなたを雇う側の人です。

仮に、下記の2名が応募してきたとしましょう。

  1. なんの経験もない人
  2. 仕事の経験はないが、ブログを運営している人

どちらを採りたいと思いますか?
間違いなく後者ですよね。

ブログをやっていないと、どんな文章を書くのか、採用すべきかという判断すらできません。
まさに、スタートラインにすら立てないんです。

採用後も経験が活きる

働いてからも、ブログ経験は役立ちます。
会社で働くにせよ、副業にせよ、Webライティングの本質は変わりません。

「読者のニーズに合った記事を書く」という明確な指標があるわけです。

ライティングのらの字も知らずに入社するのと、ブログをしっかり書いていたのとでは大きな差が生まれます。
シード権をもらっているくらい有利なんですよ。

採用されやすくなるし、働いてからもメリットがあるので、もはややらない理由がありません。

その②:Webライティングの本を読んで学ぶ

働く前に、基本のキが分かっているだけで大きな差になります。
用語すらわからないと、仕事のペースがガクンと落ちるからですね。

  • h2?h3?HTML?
  • PREP法?
  • WordPressの操作わからん

こんな感じだと、ググるだけで一日が終わってしまいます。
なので、最低限の知識だけは入れておきましょう。

個人的におすすめの本は以下の3冊。

  1. 沈黙のWebライティング
  2. 沈黙のWebマーケティング
  3. 20歳の自分に受けさせたい文章講座

Webライティングとはなにか、わかりやすい文章の書き方が学べるのでおすすめです。

もちろん、本で学んだとはいえ、はじめはしんどいでしょう。
でも、100/100わからないのと、20だけでも理解しているのとでは、後者のほうが圧倒的に楽です。

先を見すえて、インプットを始めていきましょう。

未経験ならまずは就職するのもアリな話

ミーティング

Webライターといえば、副業やフリーランスのイメージが強いかなと思います。
実際僕も転職するという選択肢はなく、独立して細々と生きていこうかなと思っていました。

しかし、転職してみると、副業や独立を目指す方にもおすすめできるなと感じました。
ここではその理由を3つほど解説します。

その①:スキルアップの速度が段違い

就職するほうが、圧倒的に成長できます。
なぜなら、スキルの高い人から指導を受けられるから。

編集者からはもちろん、SEOコンサルなんかを受けられる会社もあるでしょう。

実際僕の会社でも、1時間10万円のコンサルを導入しています。
SEOやコンテンツ作成のプロから直接指導を受られるという貴重な経験は、会社員ならではかなと。

やはり圧倒的に成長していまして、ブログ記事をリライトすると鳴かず飛ばずだったブログの順位もぐんと上がりました。
1ページ目に表示されるようになった記事も増え、順調に成長しています。

このように、副業やフリーランスよりも高速で成長できるところが正社員のメリットの一つ。

その②:下積み時代もちゃんと稼げる

安定した給料も、魅力的。

「副業ライターを始めたばかりの頃は稼げない」という話を聞いたことありませんか?
「時間かけて書いたのに、たったの1000円しか稼げない」というのはよくある話。

一方、就職すれば初心者でも安定した給料をもらえます。
単価という概念がないので、書けた記事数が少なくても入ってくる収入は変わりません。

「稼げなくて挫折してしまった」ということがないので、稼げない下積み期間が嫌な人にもおすすめ。

その③:独立や副業の選択肢が広がる

正社員Webライターとして働き、爆速でスキルアップできれば、稼ぐ選択肢が広がります。
スキルさえ上がれば、いくらでも単価が上がっていくからです。

  1. ライティングのスキルを身につけてフリーライターに
  2. SEOのスキルを身につけてWebマーケターに
  3. 編集力を活かしてディレクターに
  4. 自分のメディアを成長させてブロガーに

上記のように、スキルさえあれば自分で稼ぐ力が伸びていくんですね。

スキルがないうちに独立して疲弊するよりも、一旦就職してお金をもらいながら爆速で成長してから独立するほうがすばやく稼げるようになるでしょう。

ちなみに僕はブログで稼ぐことと、編集者としてのキャリアを目指しているところです。
自分が手を動かさなくても稼げることが人生の目標なので。

未経験からWebライターへなる関連のQ&A

はてな

最後に、未経験からWebライターを目指す方が気になりそうなポイントに、Q&A形式で解説していきます。

Q.志望動機は?

A.「自分に合った働き方がしたかった」「人生100年時代を生き抜くスキルを身につけたかった」の2つです。

面接対策の記事でも解説していますが、面接では過去の実績ではなく未来のことを話すべき。
志望動機を用意する際は、あなたのポテンシャルが伝わるような内容を意識しましょう。

Q.書類落ちするんだけどどうしたら良い?

A.読者の顔を思い浮かべて記事を書きましょう。

そうすると、読者に寄り添ったいい記事が書けます。
いわゆる「ペルソナ」というやつですね。

もしイメージできなければ、過去の自分や友達を思い浮かべましょう。

ちなみにこの記事も、3年前の自分に向けて書いています。

Q.Webライターの仕事どう?きつい?

A.ブログさえやっていれば、最低限困ることはありません。

基本的な業務スケジュールは下記のとおり。

  1. 読者は何を知りたいのか調べる
  2. 記事の構成を作る
  3. ライティング
  4. 画像添付、チェック
  5. 修正

これらはすべてブログを続ければ、力がつきます。

Q.どうやってブログを始めた?

A.ヒトデブログというブログ記事を参考に作りました。

ブログ作るってすごく大変なイメージがあるかもしれませんが、作るの自体は簡単です。

ちなみに、無料ブログかWordPressか問題ですが、WordPressがおすすめ。
案件の中には「WordPressでの入稿」まで要求されるものもあり、操作できるだけで仕事の幅も広がります。

たった30分とサーバー代だけで済むので、自己投資としてはアリな選択でしょう。

Q.応募時点での記事数は?

A.70記事くらいです。

ちなみに当時は月間500PV程度の弱小記事。
結果が出ていなくても、Webライターにはなれます。

0と1は違う、ということですね。

Q.30代未経験でも大丈夫?

A.問題なしです。

僕の職場には、30代で未経験から転職した方がいます。
現在は編集者としてメディアの運営にも携わり、チームに欠かせない存在として活躍されています。

ちなみにその方も、自分でブログを運営していました。
結論、ブログを始めましょう。

ブログを始めて、Webライターに転職しよう

今回は以上です。

未経験からWebライターになりたいのなら、自分でブログを運営し、読者のための記事を書き続けることがもっとも確実。

僕は正社員として転職しましたが、副業やフリーランスになる場合でも同じです。
仕事を発注する側の安心感が桁違いですからね。

個人的に、内向的な人にとてもおすすめの仕事なので、この記事を読んで、Webライターとして働けるようになる人が増えればうれしいです。
それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました