内向的な人におすすめの本9選!仕事や人間関係などのジャンル別に厳選

内向的な人におすすめの本9冊

こんにちは、ばちといいます。

内向的で、人付き合いが苦手
会社で働くのが合っていない気がする
考えすぎたり、すぐ不安になったりしてすごく生きづらい

この記事では、そんな内向型向けのおすすめ本を紹介します。
僕も、内向的な性格で悩みを抱えていました。

  • うまく話すのが苦手
  • 職場では割と孤独
  • 話しかけるタイミングを考えすぎて時間をムダにする

こんな感じで、すごく生きづらさを感じていたんですね。

あるとき、本を読んで内向型について学ぶと、自分を受け入れてもらえたような気分になったんです。
この性格は個性だと認められるようになり、生きやすくなりました。

なので、過去の僕と同じように、生きづらさに悩む内向的な方には、本を読み、ぜひ自己理解を深めてほしいと思ってます。

おすすめ本を紹介するにあたり、下記のジャンル別に紹介します。(タップすると該当箇所にジャンプします)

  1. 【自己理解を深める】内向型について知るためのおすすめ本
  2. 【自己理解を深める】HSPについて知るためのおすすめ本
  3. 【悩みを解決する】人間関係について学ぶためのおすすめ本
  4. 【悩みを解決する】仕事・キャリアについて学ぶためのおすすめ本
  5. 【強みを活かす】集中力を高めるためのおすすめ本

このように、自己理解を深め、悩みを解決し、強みを活かす、というのが僕の推奨する人生戦略です。

なのでたとえば、自己理解は深められていて特に悩みがなければ、強みを活かせる本を探すなど、あなたの状況に合ったものをチョイスしてもらえればと思います。

ばち

前置きが長くなりましたが、さっそく行きましょう!

目次

【自己理解を深める】内向型について知るためのおすすめ本

【自己理解を深める】内向型について知るためのおすすめ本

まず最優先で学ぶべきは、内向的な性格の特徴について。

関連本を読んだことがない方は、絶対に1冊読んでおきましょう。
なぜなら、その次の本の読み方が変わるからです。

世の自己啓発本は、外向型向けの内容ばかり。
「人脈を広げろ」「行動量を増やせ」これらは、内向的な僕たちには合わないんですね。

でも、それを知らなければアドバイスを真に受けてしまいます。
無理して人脈を広げようとして、疲れてしまう、そんな経験もあるはず。

内向型について知っていれば、それらが合わないことが分かります。

ばち

不要な箇所をスルーできたり、内容を内向型向けに解釈し直したり、明らかに楽になりますよ!

内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える

冒頭でお伝えした、僕が読んで人生が変わった本がこちらです。
内向的な人が持っている強みや、内向型が成功するにはどうすればいいのかを網羅的に学べる1冊。

なかなかのボリュームですが、科学的根拠や具体例などをまじえつつ解説されているので、意外とスラスラ読めます。

著者自身が内向的であり、とても共感できる内容ばかり。

個人的に、全内向型にチャレンジして欲しい良書です。

ちなみに、有益すぎて本書の要点をまとめた記事を用意してます。
読む前に目を通しておくとより理解が深まると思いますので、ぜひ。

【自己理解を深める】HSPについて知るためのおすすめ本

【自己理解を深める】HSPについて知るためのおすすめ本

続いては、HSPについて。

HSPとは、「Highly Sensitive Person」の略で、とても繊細な人のこと。
優れた五感を持ち、すこしの刺激だけでも強く反応します。

一方で、刺激が多すぎると疲れてしまう、というデメリットも。
内向的な性格と、HSP気質は似ているところも多く、内向型の中にはHSPが多かったりするんですね。

ばち

なので「私刺激に敏感かも?」と思う方は、HSP関連の本を読んでおくのもおすすめです!

「繊細さん」の本

HSPブームの先がけとなった1冊。

著者の武田友紀さんもHSP気質を持っており、その経験を活かし「繊細さん専門のカウンセラー」として活躍されています。

そんな「繊細さんのプロ」が教える「HSP気質を活かしたまま幸せに生きる方法」は必見です。

  • 仕事の優先順位は無理につけない
  • 電話は3回に1回とる

のような、繊細さんならではの具体的なテクニックも紹介されており、実用的なのもおすすめできるポイント。

とにかく読みやすく、早い人なら3時間ほどで読み終えるくらいの文量です。

ばち

なので「とりあえずHSPについてざっくり知りたい」という方はこちらがおすすめですね。

ちなみに「繊細さんの本」は、今ならKindle Unlimitedの対象。
通常1,324円(執筆時)ですが、Kindleの登録料は980円なのでお得です。

また、30日の無料期間内に余裕で読み終えられるので、実質タダで読めちゃいます。

> Kindle Unlimited公式サイトをチェックする

鈍感な世界に生きる敏感な人たち

本書も、HSP気質を持ち、HSPの方を支援する心理療法士として活動されている著者による1冊。

  • HSPの能力
  • HSPが抱えやすい問題
  • 鈍感な人たちとうまく付き合う方法
  • 敏感な自分とうまく付き合う方法

というように、目次がわかりやすいので「あれ?今なんの話だっけ?」と、迷子になることがありません。

また、自身のHSPクライアントの体験談もちょくちょく紹介されていて、共感できるところもありがたいポイント。

HSPのことって他人に話しづらいですし、なかなか理解してもらえない、というのもつらいことのひとつ。

でも、本を通して「自分と同じ人がいるんだ」と思えれば、気持ちも楽になりますよね。
HSPについて学べ、かつ気持ちが楽になるすばらしい1冊です。

【悩みを解決する】人間関係について学ぶためのおすすめ本

【悩みを解決する】人間関係について学ぶためのおすすめ本

内向型にとって、人間関係は悩みのタネ。
初対面の人との雑談が苦手だったり、うまく話せなかったり。

僕は外向的なコミュ強と比べて、「自分には欠陥があるのかな?」と思っていたこともありました。

なので、一度人間関係について学んでおくと人生がかなり楽になります。

ばち

僕も以下の2冊を読んでからは、人間関係のコツみたいなものがわかって、ムダに悩むことも減りました。

コミュ障でも5分で増やせる超人脈術

本書の結論:内向型は実はコミュ力が高い。人脈術を学んで、人脈を広げよう

内気でコミュニケーションが苦手な人に向けの1冊。

無理に人脈を広げる必要はありませんが、最低限の人とつながっておくことは大切です。
生涯の友を見つけたり、仕事の幅が広がったり、良好な人間関係は人生を豊かにしてくれます。

本書は、内向的な人でもできる人脈術が解説されています。

  • 人脈にまつわる5つの誤解
  • 心理学的な友達の作り方
  • 自然と人が集まる、カリスマ性の身につけ方

など、実践的なテクニックがたくさん学べるおすすめの1冊です。

さらに、今はKindle Unlimitedの対象なので、登録さえしていれば読めちゃいます。

こちらも読みやすいので、無料期間内に読める文量です。
「繊細さんの本」と一緒に読んじゃいましょう。

> Kindle Unlimited公式サイトをチェックする

嫌われる勇気

本書の結論:人間関係の悩みをなくすためには相手の課題に足をツッコまない。

アドラー心理学の教えを、青年と哲人の対話形式で学べる言わずとしれたベストセラー。
すべての悩みは対人関係の悩み」という前提に立ち

  • どうすれば悩みを解決できるのか
  • 幸せになるにはどうすればいいのか

などについて学べ、人間関係に悩む内向型必読の1冊です。

僕は特に「課題の分離」という考え方に衝撃を受けました。
人間関係のとらえ方が大きく変わって、ムダに悩むことも減りました。

【悩みを解決する】仕事・キャリアについて学ぶためのおすすめ本

【悩みを解決する】仕事・キャリアについて学ぶためのおすすめ本

内向的な人は、仕事に悩むことも多いはず。

外向型向けの社会の中で働くことはなかなかハード。
ただ働くだけでもどっと疲れてしまうのではないでしょうか。

しかし、仕事は「幸せな人生」に大きく影響します。
今の仕事を続けるにせよ、転職するにせよ、さまざまな選択肢を持っておくことは大きなアドバンテージです。

そんな大切なことを学べる2冊を紹介します。

科学的な適職

本書の結論:科学的に幸福度を高める仕事を選び、幸せに生きよう

サブタイトルにもあるとおり、4021の研究データをふまえて幸福度を高める仕事とは?について学べる圧倒的な良書です。

僕も本書を参考にWebライターへ転職をしましたが、幸福度は比べ物にならないほどアップしました。
「どうせ働くなら幸せな仕事をしたい」という方は絶対に読むべき1冊です。

LIFE SHIFT(ライフシフト)

本書の結論:これから起こる変化を予測し、それに対応できる選択肢を持とう

人生100年時代。
2007年生まれの約半数が100歳まで生きる時代となり、僕たちの寿命も間違いなく伸びています。

しかし、寿命が伸びることはメリットばかりではなく、十分に準備をしなければ人生が詰むリスクもあるわけです。

そこで役に立つのがライフシフト。

今後どんな変化が起きるのか、そのためにはどうすればいいのかを、経済学者と経営学者の2人が教えてくれます。

ちなみにライフシフトは、僕が大好きな1冊。
どんな働き方をするべきなのか悩んでいたときに読み、キャリアのイメージが鮮明になったことを覚えています。

ばち

特に、10代20代の若い方はもろに影響を受けるので、読んでおきましょう。

【強みを活かす】集中力を高めるためのおすすめ本

【強みを活かす】集中力を高めるためのおすすめ本

内向型が活かすべき強みは、ズバリ集中力
前述の「内向型人間のすごい力」でも「集中的実践」こそ内向型の強みだ、といわれています。

内向的な人はひとりの時間が多い分、深いところまで集中できるんですね。
その状態で仕事や趣味にとりくめば、大きな成果が出せるというわけです。

そんな強みを活かすために役に立つ2冊を紹介します。

エッセンシャル思考

本書の結論:やりたいことだけに全集中。それ以外は全部捨てよう

エッセンシャル思考とは「より少なく、しかしより良く」の一言に表わされる考え方。

本当に大切なことを見極め、そこにリソースをすべて投下するわけです。
時間も労力も限られている以上、エネルギーを分散すべきではありません。

一つのことだけ徹底的に極めて、効率的にプロフェッショナルに近づくほうが効率的。

ばち

「やることがたくさんありすぎて時間が足りない」という方はぜひ読んでみてください!

GRIT(グリット) やり抜く力

本書の結論:成功を決めるのは才能ではなくやり抜く力。正しい努力でやり抜く力を伸ばそう

目標達成するためのマインドが学べる本。

心理学者である著者の研究など、さまざまなデータをもとに、分かりやすく解説されており、楽しく読み進めていけます。

僕自身「コツコツ継続」が苦手でした。
新年の目標を立てても結局三日坊主で、うまく行かなかったんですね。

でも、この本で「正しく継続する方法」を学んでからは、ブログが習慣になりました。
すこしずつアクセスも増えはじめ、ブログを書くのが楽しくなってきたところです。

なので、続けるのが苦手だ、とか、絶対に達成したい目標がある、という方にはとてもおすすめです。

まずは内向的な性格についての本が最優先

以上、内向的な人におすすめの本をジャンル別に紹介しました。
もう一度まとめると、以下の9冊。(タップすると、もう一度本の説明を見れます)

もし、まだ内向型に関する本を読んだことがなければ「内向型人間のすごい力」は必読です。
今までのもやもやを晴らしてくれ、これからの道すじを示してくれます。

これを読んだあとは、あなたの状況によって読み分けてください。

仕事に悩みを抱えているなら「科学的な適職」を。
強みを活かす方法が知りたいなら「エッセンシャル思考」を。

あなたに必要な本だけを買い、本当に役に立つ知識を吸収していきましょう。

この記事がきっかけで、あなたの人生が少しでも良くなれば幸いです。
それでは。

よかったらシェアしてね!

公式LINEはじめました!

〜公式LINE、はじめました〜

内向的な人がもっと生きやすくなる知識」をテーマに、週に1回程度を目安に不定期で配信します。

また、無料のお悩み相談も受付中!

「この記事のここがわからなかった」「ブログに書いていなかった、こんなことを教えてほしい」「こんなことに悩んでいるんだけど、どうすれば解決できる?」

などなど、仕事や人間関係、恋愛、生き方などのお悩みに、内向的なままでもそこそこ幸せに生きている僕がお答えしますので、お気軽にメッセージをお送りください。

まずは下記のボタンから、友だち登録してみてくださいね。

目次
閉じる